シェア

タバコ風の箱入り日本茶「チャバコ」がおしゃれ!静岡の企業が開発「お茶業界に新たな見せ場を」

出典:「Tea Store」HP

出典:「Tea Store」HP

タバコ風の箱に入った日本茶「チャバコ」について、開発・販売元の株式会社ショータイムに取材した。

タバコの箱みたいな日本茶「チャバコ」

静岡県掛川市のショータイムが、タバコのパッケージをモチーフにした日本茶「Chabacco(チャバコ)」を販売している。

世界農業遺産に認定されている伝統農法「茶草場農法」で作られた、掛川産100%の茶葉を使用したスティックタイプの本格粉末茶。

開封して水に混ぜたりお湯で溶くだけで、自宅や職場などで手軽に本格的な日本茶を楽しむことが可能。焼酎の水(お湯割り)に入れるなどアレンジも楽しめる。

「茶草場深蒸茶」と「茶草場ほうじ茶」「有機煎茶」「有機玄米茶」の全4種がある。

「世の中を“茶化そう”」がコンセプト

コンセプトは「世の中を“茶化そう”」で、パッケージにはタバコの注意書きを真似たこんなメッセージが。

「チャバコの味は、あなたの周りの人、特に家族や会社の同僚、取引先などの機嫌に好影響を及ぼす可能性があります。お飲みになる際は、周りの人もお誘いのうえ楽しみましょう。」

静岡県内では、掛川駅構内の売店「これっしか処」、掛川城前の売店「こだわりっぱ」、「つま恋リゾート彩の郷」で販売。東京では「日本百貨店」(東京、秋葉原、町田の各駅)、横浜駅の「日本百貨店てらす」で取り扱っている。

同社のオンラインストア「Tea Store」でも購入できる。

出典:「Tea Store」HP

出典:「Tea Store」HP

「持ち運びに便利な商品を」と発案

ショータイムの森川翔太代表に「タバコのパッケージ」をモチーフにした日本茶商品を開発した経緯を聞いた。

粉末スティック茶の大きな魅力のひとつは「水かお湯さえあれば、いつでもどこでもお茶が味わえる」ことにあります。

そこで、持ち運びにも便利な商品を開発しようと考え、「口に入れるもので、人間にもっとも携帯されているものは何か?」と考えたときに「たばこではないか?」と思いました。

お茶を入れる専用の箱が昔から「茶箱」と呼ばれていることもあり、ネーミング的にもちょうど良いと考えたそう。

さらに、たばこのパッケージに書かれているネガティブな警告文を見て、「この警告文を模倣してお茶ならではのポジティブな宣伝文に変えたい」と思い、パッケージのデザインもたばこ風にしようと思いました。

 

地元のお茶農家と試作を重ね開発

開発にあたっては、使用する「茶葉」に最もこだわったという。

見た目のインパクトが強いため、お客様も「どんな味なんだろう?」と期待してくださると思います。

自分のふるさとであり、お茶の名産地でもある静岡(掛川)の名前を冠する以上、「美味しくなければ商品化すべきではない」と考えていました。

ありがたいことに、地元のお茶農家が開発段階から面白がってくれ、他では「無理だ」と言われるようなことにもチャレンジして試作を重ねてくれたそう。

4種類ともに、胸を張っておすすめできる味わいになっています。

発売後、若い世代から年配まで非常に幅広い世代の人々が、自分用やお土産用、誕生日や父の日といった記念日の贈り物など様々な用途で購入してくれており、「たいへん嬉しいと同時に、背筋が伸びる思い」と話す。

お茶業界に「新たな見せ場」を

同社は、不況が長く続くお茶業界に新たな見せ場(ショータイム)を作るべく、掛川茶の普及活動を行っている。

掛川茶をより一層普及し、地元のお茶文化を未来へと継承するためには「県外や国外における認知の拡大」と「地元のお茶生産者のモチベーション向上」という2方向のアプローチが必要不可欠だと考えているそうだ。

チャバコのようなプロダクトを開発して認知の拡大を図る活動に加え、未来の担い手であり掛川茶の最大の応援団でもある地元の子供たちに「自分たちの街のお茶ってこんなにすごいんだ!」と誇りを持ってもらうためのイベントも運営しているという。

お茶の面白さを伝えていきたい

近年、海外での「日本茶ブーム」が取り沙汰される一方、日本の茶畑面積の約4割を有するお茶の一大産地・静岡県でも、長く続くお茶不況や後継者不足などの影響で、茶をやめてしまう生産者が少なくないという。

僕がお茶を売ることができるのは、「美味しいお茶を作ってくださる生産者」と「そのお茶を飲んでくださるお客様」がいればこそ。

だから、これからも生産者が大切に育ててくれた茶葉を大切に使わせていただきながら、「チャバコ」という商品に限らず、様々な方法で、少しでも多くの方々にお茶の面白さをお伝えしていきたいと考えています。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング