シェア

2020年7月に4連休が誕生へ!東京五輪前後に「祝日を移動する法案」が衆院で可決

fotolia

fotolia

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年7月、期間中の混雑を避けるため、同年に限り「3つの祝日を移動」させる案が衆議院を通過した。

2020年「3祝日移動」成立の見通し

東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に限り「海の日」「体育の日」「山の日」を移動させる法案が、5月31日の衆議院本会議で可決された。

2020年は、7月の第3月曜日と定められている「海の日」を開会式前日の7月23日(木曜)に移動。開会式当日の7月24日(金)には、本来10月の第2月曜日と定められている「体育の日」を移動させる。

また、「山の日」(8月11日)を閉会式翌日の8月10日に移す。

NHKによると、今後参議院での審議を経て、今国会で成立する見込みだという。

7月に4連休、10月は祝日ナシへ

祝日の移動により、2020年7月は23日(木)~26(日)まで4連休、8月は8日(土)~10日(月)まで3連休へ。

2020年10月は体育の日の移動で、祝日がなくなる見通しだ。

fotolia

fotolia

混雑を避ける狙い

祝日の移動は、東京オリンピックによる交通機関の混雑を和らげることが狙いだ。

同大会は交通量が多い都心を中心に会場が点在。期間中は国内外から多くの観光客が集まり、通勤・通学客とあわせて首都圏の公共交通機関の混雑が予想されている。

中央大学理工学部の田口東教授は、競技会場に近い電車区間と最寄り駅で、通常よりかなり激しい混雑が起こり得ると試算。

朝日新聞によると、乗車率200%以上の電車が50%増える予測だという。

テレワークも呼びかけている

2012年に開催されたロンドンオリンピックでも同様に混雑が予想され、ロンドン市と交通局は在宅勤務などの「テレワーク」を呼び掛けた。

すると、市内企業の約8割が導入し、混雑緩和に加えて、生産性の向上やワークライフバランスなどの効果もあったという。

政府はロンドンの成功事例に倣い、東京オリンピック開会式(7月24日)を「テレワーク・デイ」と位置づける国民運動プロジェクトを2017年から実施。

公共交通機関や道路が混雑する始業~10時半までの間、一斉にテレワークを実施する企業・団体の募集も行っていた。

ネット上には「新たな祝日を作って」という声

3祝日を移動する特例法が成立する見込みとなったのを受けて、ネット上には「良かった」「粋なことしてくれるじゃないですか」と賛成する声が寄せられている。

一方で、こんな意見も。

「何のための祝日だか分からなくなります」「東京以外は関係ないだろ」「10月が虚無になる」「システム系は大変」と戸惑う人もいた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング