シェア

「正直、プレッシャーです」話題の熊本県警の電光掲示板、4月から新任者が知恵絞る

熊本県警察本部/Twitter

熊本県警察本部/Twitter

流行に敏感な熊本県警の電光掲示板について取材した。

流行に敏感な「熊本県警の電光掲示板」

6月19日に行われたサッカー・ワールドカップ・ロシア大会で日本が強豪コロンビアに勝利し、決勝弾を決めた大迫勇也選手を称える「大迫半端ないって」というセリフが一躍ブームになった。

その翌日の6月20日、熊本県警が運転中のドライバー向けの電光掲示板に「おもいやり運転ハンパないって!」「二日酔運転人生にオウンゴール×」というメッセージを表示した。

熊本県警察本部/Twitter

熊本県警察本部/Twitter

ネット上で「うまい!」「流石ですね」「最高」「座布団10枚送ります」「熊本県警さんの仕事の速さも半端ない」「その行動力半端ないって!」と話題になっている。

「ドライバーの心に残るものを」とスタート

熊本県警察本部に取材を申し込んだところ、電光掲示板を担当している交通企画課の米村法数さんに話を聞くことができた。

米村さんによると、話題の電光掲示板は正式には「交通情報板」という名称。

本来は渋滞など道路状況の情報を提供する設備だが、渋滞などがない時には交通安全の情報を表示しているという。

—–旬のフレーズを取り入れたメッセージは、どのような経緯で始めたのですか?

2013年から、「ありきたりなものより、流行語やユニークな内容の方が、ドライバーの心に残り、交通安全に対する意識の高揚を図れるのではないか」との考えで始めたものです。

提供:熊本県警察本部

提供:熊本県警察本部

フレーズを考えるため常にアンテナ

話題のフレーズを使ったメッセージが翌日には表示されるスピーディさについて聞いた。

—–常にアンテナを張り巡らしているのですか?

常にアンテナを張り巡らしていると言ってもいいかもしれません。

—–メッセージが表示されるまでの流れを教えてください。

担当者(私)がフレーズを考え、職場の同僚の意見を聞いた上で、上司の決裁を受けて表示しています。

決裁の中で、よりよいものにするため修正が加わる場合もあり、却下される場合もあります。

文字数は15文字で「色」も駆使

—–メッセージを考える際に「こだわっている点」は?

話題になったフレーズを使いますが、まずは「県民の交通安全意識を高める内容」にするということで、そこをどう絡めていくかという点です。

—–決められた文字数内で考えるのは、大変ではないですか?

文字数制限が、最も大変だと感じるところです。

文字数が「5文字×3行」に限られているので、言葉をひらがなにしたり、漢字にしたり、3色の色を駆使したりして作成しています。

時には意味が分からなくならない程度に文字を削ることもあります。

提供:熊本県警察本部

提供:熊本県警察本部

今年4月から担当し毎回プレッシャー

熊本県警本部公式Twitterアカウント(@yuppi_KK)の今回の電光掲示板を紹介するツイートには、「情報板のプレッシャー半端ないって!!」という呟きが書かれている。

—–やはり、これだけ注目されるとプレッシャーですか?

正直、プレッシャーです。

前任者が、今年2月に冬季オリンピックの際に作成した「お先どうぞゆづる心に金メダル」「安全運転大事だよねそだね~」が全国的に話題になった直後の4月に担当を引き継ぎましたが、その当時から、相当なプレッシャーを感じていました。

現在も、毎回内容を変更するたびにプレッシャーを感じています。

—–注目を集めていることについて、コメントをお願いします。

正直、ここまで話題になるとは思いませんでしたが、多くの方に見ていただいていることについては、本当にありがたいと思います。

交通事故防止に役立てるように

米村さんがこれまで考えた中で、お気に入りのメッセージを聞いた。

【スイミンと 速度守って ツーリング】

【安全運転! 超気持イ~ 何もいえね】

睡眠とスイミン、スイミングとツーリング、スイミングと北島康介が掛けてあり、かなりひねりを入れたと思いましたが、「古い!」というコメントが多く、正直、落ち込みました。

【止まる見る の二刀流! 事故死完封】

4月10日の「交通事故死ゼロを目指す日」に併せて作成したもので、大谷翔平投手が大リーグで連続ホームランを打った2日目に表示したものです。

—–最後に、電光掲示板のメッセージに込める思いを教えてください。

1人でも多くの方が、メッセージを見て交通安全意識を高めていただければという思いで、毎回考えています。

このメッセージが交通事故防止に役に立てるよう、これからも頑張ります。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング