シェア

ダイキンとNECが「眠気を覚ますオフィス」を開発中!まぶたの動きで眠気を検知、空調管理で覚醒へ

出典:「NEC」プレスリリース

出典:「NEC」プレスリリース

眠気を抑えて生産性を高めるオフィスの開発が進められていることが発表され、SNS上で注目を集めている。

まぶたで眠気を検知→刺激へ

ダイキンとNECは7月25日、まぶたの開き具合から眠気の兆しを検知して、空調と照明を組み合わせた刺激を与える制御システムのプロトタイプを構築したと発表した。

両社がそれぞれの検証用オフィスで、仕事中の覚醒度データを取得して空調・照明の環境制御を行うフィールド実験を始めているという。

出典:「NEC」プレスリリース

出典:NECプレスリリース

生産性を高める空気・空間を共同研究

両社はオフィスなどでの「知的生産性を高める空気・空間」の実現を目指し、2016年10月から共同研究を進めている。

知的生産性を高めるには「眠気」を抑えて、覚醒度を適切に保つことが重要としている。

今回は、ダイキンの「温度刺激による覚醒度の制御技術」とNECの「まぶたの揺らぎに着目した覚醒度推定技術」を活用。

定期的に被験者の覚醒度を図りながら「空調(温度)」「照明」「アロマ」のそれぞれの刺激を与えて覚醒度の変化を検証し、覚醒度を適度に保つための刺激の方法やタイミングを確かめた。

出典:「NEC」プレスリリース

出典:NECプレスリリース

「温度刺激が効果的」と実証

その結果、オフィスなど執務空間での知的生産性向上には「空調による温度刺激」が特に効果的だと実証したという。

さらに、眠気の兆しが見えた早い段階で刺激を与えることが、覚醒度を保つのに効果的なことも明らかになったそうだ。

出典:「NEC」プレスリリース

出典:NECプレスリリース

温度が涼しくなると体温低下を防ぐために血管が収縮して交感神経が刺激され、覚醒度が高くなる。

眠気の兆しが見えた早い段階で涼しくすると眠気が改善され、また、その状態を短時間で元に戻すことで快適性と両立できるという。

ネット上には「休ませたほうが」という声も

発表を受けて、ネット上には多くのコメントが寄せられている。

「面白いと思う」「良いアイデア」という声もあるが。

一方で、戸惑う人も。

「オフィスよりも、車内や予備校、国会に必要なのでは」という意見もあった。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング