シェア

【取材】電源オフなのに動きました…神奈川のホビーオフで売っていた人形が怖い!以前にも不思議商品を扱う

提供:ホビーオフつきみ野店

提供:ホビーオフつきみ野店

「電源がオフなのに動いた」という人形について、神奈川県大和市の「ホビーオフ つきみ野店」に取材した。

電源オフなのに動いた人形が話題

ホビーオフつきみ野店の公式Twitter(@hbtsukimino)は先日、「暑い夏に…」というコメントと共に、ある人形の画像を投稿した。

人形が入っているケースに貼られた商品状態を説明するカードには「電源オフなのに動きました」と書かれている。

ホビーオフつきみ野店/Twitter

ホビーオフつきみ野店/Twitter

ホビーオフつきみ野店/Twitter

ホビーオフつきみ野店/Twitter

投稿はネット上で「こわっっっ」「チャイルドプレイやん」「リアルチャッキー…!(震)」「恐怖でしかない」「誤作動…と思いたい」「供養に出すべき?」「お祓いをしてほしい」など話題に。

投稿から3日足らずで2万5000以上の「いいね!」が付き、1万8000回以上リツイートされている。

電池を抜く時に「ヴアッ!」と音

つきみ野店の担当者によると、この人形は8月初めに同店に持ち込まれて買い取ったという。

電源オフなのに動いた時の状況を聞いた。

動作確認をして電源を切り、電池を抜こうとした時に「ヴァッ!」という感じの大きめの音を出しました。

歌とノイズ交じりのBGMが流れるおもちゃなのでその一部が一瞬だけ流れたんだと思いますが、タイミング的にかなり驚きました。

すでに「販売済み」

思わずゾクッとしてしまうこの人形は、8月6日にジャンク品として売り場に出したという。

ネット上で話題になった影響か、8日には「欲しいので取り置きしておいてほしい」という電話があり、同日中に販売されたそうだ。

ちなみに、担当者によると、取材にあたりTwitterのダイレクトメッセージでやり取りをしていたところ、箱から出した人形の写真を添付したらエラーが出て、一度すべてのメッセージが消えてしまったという。

提供:ホビーオフつきみ野店

提供:ホビーオフつきみ野店

眼を開くファービーも

同店では、これまでも不思議な商品を取り扱ったことがあるという。

以前も電池を抜いて置いていたファービーが急に眼を開いたことがあって、私と、隣で作業をしていたスタッフがかなり驚かされました。

提供:ホビーオフつきみ野店

提供:ホビーオフつきみ野店

今回、ツイートがネット上で話題になったことについては、こう話す。

いつも通りのノリでツイートしただけだったので、こんなに伸びるとは思っておらず驚いています。

いつもこんな感じでスタッフみんなで楽しく働いているお店なので、この機会にみなさんに知って頂けると嬉しいです。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング