シェア

今週末に「ペルセウス座流星群」が見ごろに!観察のコツは?

ペルセウス座流星群 出典元:国立天文台ホームページ

ペルセウス座流星群 出典元:国立天文台ホームページ

8月12日~13日のかけての夜に「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。

ペルセウス座流星群が12日夜中から見ごろ

毎年ほぼ確実にたくさんの星が出現し、とても観察しやすいとされている「ペルセウス座流星群」が、今年も見ごろを迎える。

国立天文台によると、見ごろは12日(日)~13日(月)にかけての夜。

12日21時頃から出現し始め、薄明まで徐々に数が増えていくと考えられているそうで、いちばんの見ごろは13日未明だという。

条件が良ければ、最も多いときで1時間あたり40個程を見ることができるそうだ。

出展:「国立天文台」ホームページ

ペルセウス座流星群 出典元:国立天文台ホームページ

月あかりの影響なし、方向はどこでもOK

満月など月が明るい時は観察時には月を視界に入れないなどの工夫が必要だが、今回は11日が新月で、月明かりの影響はまったくないそう。

流れ星はペルセウス座のγ(ガンマ)星の近くを中心に放射状に出現。夜空のどこにでも現れるので、見る方向を気にする必要はないという。

観察は肉眼がおすすめ

国立天文台によると、観測は望遠鏡や双眼鏡を使わず、肉眼で見たほうが視野が広くなり適しているそう。

レジャーシートなどを用意して、寝転がって観察できるよう準備をしておくと良いという。暗さに目が慣れるまで、最低でも15分間は観測を続けるのが良いそうだ。

各地でペルセウス座流星群の観察会等が予定されており、国立天文台は、11日夜~14日朝まで流れ星を数えて特設サイトから報告するキャンペーンを開催する。

ネット上に「天気が心配」という声も

ネット上には、流星群を心待ちにする声がたくさん投稿されている。

一方で「近くに良い観測場所がない」「天気が良くなさそう」という人も。

気象庁の週間天気予報によると、12日は東京や長野、鹿児島などで曇りの見通しとなっている。

「流れ星の生中継」なども開催

天気が悪い地域でも、ペルセウス座流星群を楽しめるイベントが企画されている。

ウェザーニュースは12日夜に、専門家の解説を聞きながら日本3カ所のリアルタイムの星の映像を楽しめる生中継を配信。ニコニコ天体観測チームも12日20時~13日朝まで生中継を予定している。

京都市上京区の晴明神社では、ツイッターを利用して願い事を星に届けるキャンペーン「星に願いを」を公開中だ。願いを文字に表すことで、より力が増すと言われているという。

Posted: |Updated:

Text by

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング