シェア

すぐに着られなくなる子供服をシェアできるサービス「キッズローブ」が登場

出典:「アダストリア」Press Release

出典:「アダストリア」Press Release

子ども服を共有できるプラットフォームサービス「KIDSROBE(キッズローブ)」について、運営する株式会社アダストリアに取材した。

子ども服レンタル「KIDSROBE」がリリース

グローバルワークやニコアンドといったブランドを展開するカジュアルファッション専門店チェーンのアダストリア社が9月18日、子ども向けファッション用品を中心とした共有サービス「KIDSROBE」のベータ版の運営を始めた。

小さくなって着られなくなった服や思い出が詰まった服をクローゼットに放置するのではなく、利用者同士でシェアして皆でひとつのクローゼットを作るというのがコンセプトだ。

出典:「アダストリア」Press Release

出典:「アダストリア」Press Release

シェアした分だけで多くレンタルできる

キッズローブは、専用アプリをダウンロード後に会員登録・ログインすると利用できる。

初回ログイン時に8着分をレンタルできるチケットを贈呈。次回以降は、シェアした分だけ多く借りられるようになる。

例えば、8点借りて12点を送った場合、次の利用回で12点を借りることが可能となる。

汚して使えなくなった場合は返却不要で、代わりに次の子どもに渡せる服を返却すればよいそうだ。名前を記入したものでも大丈夫だという。

出典:「アダストリア」Press Release

出典:「アダストリア」Press Release

お母さんたちの「捨てるのはもったいない」

キッズローブは、二次流通する子ども服を活用し、持続可能なレンタル事業モデルを実現することも目的のひとつだ。

サービスを運営するアダストリア・イノベーションラボのラボ長・高橋朗さんに話を聞いた。

—–プロジェクトを発案した経緯は?

ファッションに関わる新サービス開発を目的に、さまざまな属性の方々にヒアリングを実施しました。

お母さま方のお話を伺う中で、特に子ども服は1シーズン終わると翌年には着れなくなってしまうこと、昔はおさがりとして地域で融通しあうのが当たり前であったことなどのご意見を頂きました。

「捨てるのはもったいない」「誰かに活用してほしい」といったお母さま方の意識から、オンラインを活用してお母さま方のニーズに応えながら、子どもの成長を社会で支えるようなサービスを実現したく、発足に至りました。

出典:「アダストリア」Press Release

出典:「アダストリア」Press Release

思い出もシェア、期間設定にもこだわり

キッズローブでは、メッセージやコメント機能を活用して、洋服と一緒に過ごした思い出もシェアすることができる。

—–サービスの運営で、こだわっている点は?

おさがりにも同じことが言えますが、どんな人が使ってどんな思い出があるか、がシェアリングならではの新たな価値となっており、コメント機能を搭載しました。

ヒアリングをしていく中で、3カ月という期間の設定にもこだわりました。

多くは翌シーズンには小さくなって着られなくなるという声があり、季節ごとの3カ月を1シーズンの使用期間として設定しました。

—–普段着だけでなく、七五三や発表会などの衣装もシェアできる?

現在は対応しておりませんが、ユーザーさまからのご要望が多く、今後対応を検討していきます。

出典:「アダストリア」Press Release

出典:「アダストリア」Press Release

「社会全体で成長を見守る価値観」を共有へ

—–同プロジェクトに込める思いは?

単なるリユース商品の売買とは異なり、大きなクローゼットをお客さま同士でシェア頂く世界を実現できればと思います。

社会全体で子どもたちの成長を見守っていけるような価値観が共有できればと思います。

—–今回のリリースはベータ版となっているが、今後のビジョンは?

今後はお客様のお声を頂きながら、対象年齢・サイズの拡充など、ニーズサービス向上に努めてまいります。

KIDSROBE(キッズローブ)
利用料金:月額980円(税込、別途で配送料400円)
対象年齢:3~5歳

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング