シェア

銀座三越で「靴磨き選手権」が開催へ!光沢感やバランス、所作などを審査

イメージ画像 fotolia

イメージ画像 fotolia

東京・銀座の銀座三越で10月14日に「靴磨き選手権」の予選会が開催される。

靴磨き選手権予選会を開催

同選手権は「靴と靴磨きを愛する人」に靴磨き実践の機会を与え、参加者同士の親睦をはかることで、「靴磨き文化」の浸透を行うことが目的の大会だ。

2019年2月の本選に向けた予選会を10月14日に銀座三越で開催。プロの職人はもちろん、靴磨きの技術に自信のある一般の人も参加できる。

イメージ画像 fotolia

イメージ画像 fotolia

光沢感、バランス、所作などを評価

予選では、主催者が用意するドレスシューズ(片足)を制限時間10分で磨く。

光沢感・全体のバランス・所作の3項目に審査員独自の視点を加えて評価。2回のグループトーナメントを開催し、本選出場者を決定する。

審査員は、靴磨き日本選手権大会2018優勝者の石見豪さん、男の雑誌「LAST(ラスト)」編集長、服飾ジャーナリストなどスペシャリストが担当する。

靴を永く履くために、そして自分らしさを表現するために「シューシャイン」(靴磨き)を嗜む人が増えているという。

全国各地に専門店がオープンし、2017年には英ロンドンで世界大会が開催されるなど、注目度も高まっているそうだ。

銀座三越で開催される今回の大会では、2017年にロンドンで行われた「ワールドチャンピオンシップオブシューシャイニング」で優勝した長谷川裕也さんがアドバイザーを務める。

予選開催日(14日)午後5時30分からは、大会アドバイザーの長谷川裕也さんと、靴磨き日本選手権2018優勝者の石見豪さんの芸術的なシューシャイン(靴磨き)を同時に見ることができる機会も用意されている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング