シェア

日本のパスポートが世界1位に!ネット上は「もっと世界に出よう」の声、来年にはデザイン変更へ

fotolia

fotolia

日本のパスポートは、世界で最も多くの場所に行ける旅券だった。

パスポートの強さで「日本」が1位に

イギリスのコンサルティング会社「Henley&Partners(ヘンリー・アンド・パートナーズ)は10月9日、「パスポートの強さランキング2018」を発表した。

ビザがなくても渡航できる国・地域数を基準としたランキングで、日本が世界一(190の国と地域)を獲得した。

2位はシンガポール(同189)、3位はドイツ、フランス、韓国(同188)だった。

2017年の5位から急浮上

2017年の同ランキングでは、日本は5位(ビザがなくても渡航できる国と地域数は172)だった。

報道発表によると、日本は2018年2月にシンガポールとともに1位に上昇。この時、2017年に1位だったドイツが2014年以来、初めて2位にランクダウンしたという。

その後、日本は今月初めにミャンマーにビザなしでアクセスできるようになり、単独トップになった。

fotolia

fotolia

第1号パスポートは「幕末」に発行

外務省が作成した資料によると、日本におけるパスポート(旅券)の始まりは幕末の1866(慶応2)年。

第1号パスポートは、18人の曲芸団「日本帝国一座」を率いてパリ万博に向かった隅田川浪五郎氏に発行された。

当時のパスポートには、氏名や出生地(本籍)の他、面や身長、眼、鼻、口などの「人相」についての項目もあり、「高キ方」「常躰」「小キ方」などの記載があったという。

大正に入り旅券への「写真の貼り付け」が始まり、冊子型に移行。1926年(大正15年)に発行した旅券から「菊の紋章」が使われるようになった。

1995年には「10年有効旅券」が導入され、2006年には偽変造対策がより高度な「IC旅券」を導入した。

出典:「外務省」資料

出典:「外務省」資料

日本国民のほぼ4人に1人がパスポートを所持しているという。

2019年から「冨嶽三十六景」デザインに

日本のパスポートは近い将来、新しいデザインに変わる見通しだ。

外務省は2016年に、次期パスポートの基本デザインを葛飾北斎の「冨嶽三十六景」にすることを決定したと発表した。

表紙は現在と同じだが、見開きごとに「冨嶽三十六景」の各作品を採用し、全ページ異なるデザインにするそう。

偽変造対策にも有益で、2019年度中の導入を目指しているという。

出典:「外務省」報道発表

出典:「外務省」報道発表

出典:「外務省」報道発表

出典:「外務省」報道発表

ネット上には「もっと世界に」という声も

パスポートランキングの発表を受けて、ネット上には多くのコメントが寄せられている。

「誇らしい結果」「日本人で良かった」など喜ぶ声や、「せっかくだから、もっと世界に出よう」といった声がある。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング