シェア

10年間取引のない預金が来年1月以降「休眠預金」へ!防止策は?通帳記帳すればOK?

イメージ画像 fotolia

イメージ画像 fotolia

「長い間取引していない預金」がないか、確認したほうがよさそうだ。

2019年1月1日以降に休眠預金が発生へ

全国銀行協会がTwitterで、「長い間、お取引のない預金はありませんか?」と呼び掛けている。

今年(2018年)1月1日から「休眠預金等活用法」が施行され、10年間取引がない預金は「休眠預金」として、社会課題の解決のために活用される制度が始まったからだ。

2009年1月1日以降の取引から10年以上取引のない普通預金、定期預金、当座預金、別段預金、貯蓄預金、定期積金、相互掛金、金銭信託(元本補填のもの)、金融債(保護預かりのもの)は、2019年1月1日以降に休眠預金となる。

銀行窓口に行けば引き出しが可能

金融庁によると、預金者等が名乗りを上げないままとなっている休眠預金額は、払戻額を差し引いても毎年700億円程度にものぼるという(2014~2016年度)。

これを預金者等に払い戻す努力を尽くしたうえで、社会全体への波及効果の大きい民間公益活動の促進に活用することで広く国民に還元すべきという考えのもと、休眠預金等活用法が成立した。

対象となりうる預金等がある場合には、預けている金融機関により移管前に公告が行われる。また、1万円以上の残高がある場合は、登録されている住所に郵送やメールなどで通知があるそうだ。

休眠預金等として移管された場合も、取引のあった金融機関に通帳やキャッシュカード、本人確認書類などを持っていけば引き出すことができる。

出典:金融庁ウェブサイト

出典:金融庁ウェブサイト

休眠預金について、ネット上には「有効活用するのはいいアイデア」「これを機に、不要な口座は整理」と理解を示す声がある一方で、「10年で休眠預金って、早くないか?」「窓口に行く手続きが面倒」「銀行の窓口大変だろうな」「取引がないとはどこまで?通帳記入は定期的にしていますが」など戸惑う声も見られた。

休眠預金等にしないために「異動」を

持っている口座を休眠預金にしないためには、どうすればよいのか?金融庁の資料によると、「異動」があれば休眠預金等にはならないという。

「異動」とは、預貯金者などが今後も利用する意思を表示したものとして認められるような取引を指す。全金融機関共通の異動事由と、各金融機関が行政庁から認可を受けて異動事由となるものがある。

「通帳記入」は、預け先の金融機関が異動自由として認可を受けている場合は、異動に該当するという。

出典:金融庁ウェブサイト

出典:金融庁ウェブサイト

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング