シェア

「贅沢は言わない、50億円もらえたら十分」現実逃避に描いた“理想の家”に共感の声が続出

むぴーさん/Twitter

むぴーさん/Twitter

理想の家を描いたイラストについて、制作者の「むぴーさん」に話を聞きました。

理想の家のイラストに2万いいね!

2児の母であるむぴーさん(@mupyyyyyさん)がTwitterに投稿したイラストが注目を集めています。

#こんな家に住みたい」というハッシュタグで、特大サイズのコーナーソファや70インチの4Kテレビ、なんか高級なチェアなどが置いてあるリビング。ハンモックの上には、チョコモナカジャンボを握りしめて幸せそうに寝転ぶ姿が描かれています。

カウンターテーブルの上には、雑然と積まれた「50億円」の札束のイラストも。

むぴーさんは「ええ、ええ、ただの現実逃避です。家欲しいなぁ…」とコメントしています。

むぴーさん/Twitter

むぴーさん/Twitter

ツイートにはネット上で「共感しかなくて笑いました」「チョコモナカジャンボと無造作に置かれた50億円の差がツボ」「とても素敵です」「これは…私の理想としている部屋と同じじゃないですか!」「眺めてるだけで幸せ」「妄想って楽しい」と一躍話題になり、2万3000超いいね!を得ています。

むぴーさん「描いているうちに欲望が漏れ出てきて」

むぴーさんに詳しい話を聞きました。

—–どのような経緯で描いたのですか?

最近友人が家を購入したので、「いいなぁ私も家欲しいなぁ…住むならこんな家がいいなぁ…」と疲れ切った1日の終わりに現実逃避して落書きしたものです。

—–イラストを描く際にこだわった点は?

もともと「リビングには大きなテレビとコーナーソファ欲しいわ〜!」というこだわりを絵にしたかったはずなんですが、描いているうちに欲望が漏れ出てきて最終的にあんな感じになりました。

キッチンやベッドルームも

実は、このイラストには続きがあるそうです。

“絶対壊れないし洗い残しのない食洗器”や“魔女の宅急便のかまど”など充実の設備があるキッチンには、“毎日17時に帰ってきて一緒にごはんを作る夫”がいて、むぴーさんはテーブルで子どもたちとにこやかにクッキーを作っています。

むぴーさん/Twitter

むぴーさん/Twitter

ベッドルームには最高級の寝具を備えたキングサイズのベッドが置いてあります。

家庭用プラネタリウムやホームシアター、“次の日が休日になるベル”などが備えられており、窓の外にはプライベートビーチも。思う存分リラックスできそうです。

むぴーさん/Twitter

むぴーさん/Twitter

周辺地図を見ると、駅やショッピングセンター、テーマパークがご近所にありつつも、自宅は“何か安全なバリア”に守ってもらえる安心の住み心地。

海のすぐ先には、北海道と沖縄県の石垣島まであります。

手の届きそうな願望から壮大な夢まで詰め込まれていて、見ているだけで幸せな気持ちになります。

むぴーさん/Twitter

むぴーさん/Twitter

—–特にイチオシポイントはどこですか?

そうですね〜、周辺図の右端に見えている北海道です。地理的に若干無理がありますが、あそこは小樽のつもりで描きました。

—–ネット上で話題になっていることについて、感想を聞かせてください。

本当に軽い気持ちで描いた落書きだったんですが、思った以上に反響があって驚きました!

あとは「色々雑だ」と多方面からツッコミをいただき、性格は絵にも出るんだなぁとひしひし感じました。

どこかの商品を取り上げたツイートがバズったりすると「うちの商品をPRしてくれてありがとう!お礼にこの商品を差し上げます!」みたいなのがたまにあると聞くので、このツイートを目にしたどこかの銀行か造幣局から「50億円をPRしてくれてありがとう!お礼に50億円差し上げます!」という連絡が来たらいいなぁと毎日ワクワクしています。

—–最後に「こんな家に住みたい」のイラストに込める思いを教えてください。

あの落書きにはいろんな思いが詰まってるんですが、ひとまずは娘に起こされず一晩ゆっくり眠りたいです!笑

あとは贅沢は言わないので、ただ50億円もらえたらそれで十分です!

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング