シェア

東京五輪「ボランティアの呼び名」を投票で決定へ、最終候補4案を発表!狙いは?

イメージ画像 fotolia

イメージ画像 fotolia

2020年夏の東京五輪ボランティアのネーミングが投票によって決定する。

ボランティア応募者の投票で決定へ

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は12月11日、東京2020年大会スタッフおよび都市ボランティアのネーミングの最終候補案を発表した。

最終候補4案の中から、ボランティア応募完了者による投票(1人1票)でネーミングを決定へ。

大会ボランティア応募完了者の投票期間は12月12日(水)13時から2019年1月20日(日)13時まで。結果は1月下旬頃に発表する。

都市ボランティア応募管理者の投票については、各会場自治体により投票実施の有無や投票開始日、方法等が異なるという。

心を1つにする一歩に

東京2020組織委員会は、大会ボランティアの応募開始から2020年までの2年間を、応募者が志を同じくする多くの人々と交流し、絆を深める「ボランティアジャーニー」としている。

その大切な一歩として、ボランティア同士が心を一つにできるネーミング決めを実施へ。

ネーミング選考委員会委員等から提案された149案から、全3回のネーミング選考委員会や国際オリンピック委員会の確認等を経て4案に絞り込んだ。

最終候補に残ったネーミング候補案は、次の通り(【大会スタッフ・ボランティア/都市ボランティア】)。

【Field Cast(フィールドキャスト)/City Cast(シティキャスト)】

キャスト(配役)という言葉に、ボランティア1人ひとりに大会を盛り上げる重要な役割を担ってほしいという願いが込められている。

【Games Anchor(ゲームズアンカー)/City Anchor(シティアンカー)】

アンカーは船の錨(いかり)やリレーのアンカーなどを意味する。重要なポジションを担うことから、ボランティアが選手や観客の心の支え・よりどころであることを示している。

【Games Force(ゲームズフォース)/City Force(シティフォース)】

フォースは力、勢い、集団を意味する。ボランティア1人ひとりが持つ最高の力を結集し、一丸となって大会を力強く盛り上げ、都市を活気づけている姿を込めている。

【Shining Blue(シャイニングブルー)/Shining Blue Tokyo(シャイニングブルートウキョウ)】

ボランティア1人ひとりが輝くという願いと、エンブレムカラーの「藍色」を表すBLUEをかけた。ボランティアが選手や観客を表現する存在であることも表現している。(都市ボランティアのネーミングに付いている“Tokyo”は、募集・運営する自治体によって名称が異なる)

8万1035人が応募完了、受付は21日まで

ネーミングについて、ネット上には様々なコメントが寄せられている。

「楽しみです」という声もあるが、「ボランティアはボランティアで良くない?」「こういうのにお金使うのやめて欲しい」「ゲームの技名みたい」と戸惑う声や、「日本語の呼び名にしたらいいのに」「“おもてなし隊”でいいのに」といった意見もあった。

イメージ画像 fotolia

イメージ画像 fotolia

投票者になれる大会ボランティアの応募受け付けは、12月21日(金)17時まで。

東京2020組織委員会の発表によると、大会ボランティアに11月20日(火)9時時点で募集人数(8万人)を上回る8万1035人が応募を完了。マイページ登録者数は13万2000人を超えているそう。

応募完了者の男女比は男性40%、女性60%。国籍は日本国籍が56%で、日本国籍以外が44%だという。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング