シェア

顔パスで入店&決済できるセブンイレブンが開店!ロボットが顔画像からおすすめ商品提案も

出典:「セブン-イレブン・ジャパン」ニュースリリース

出典:「セブン-イレブン・ジャパン」ニュースリリース

セブン-イレブンの「省人型店舗」がオープンした。

本格展開を目的に実証実験

セブン-イレブン・ジャパンとNECは12月17日、東京都港区のオフィスビルにAI・IoT技術を活用した同コンビニ初の省人型店舗「セブン-イレブン三田国際ビル20F店」をオープンした。

NECとして国内初導入となる顔認証決済をはじめ、「ターゲット広告サイネージ」や「AIを活用した発注提案」など、利用者の快適・便利と従業員を支えるシステムを活用することで店舗を省人化。

おにぎりやソフトドリンク、雑貨など約400品目を販売しており、利用はビルに入居するNECグループの社員限定となる。

ニーズが高まっているというオフィスビルや病院、工場といったマイクロ・マーケット(小規模商圏)への本格展開を目的に実証実験を行うとしている。

出典:「セブン-イレブン・ジャパン」ニュースリリース

出典:「セブン-イレブン・ジャパン」ニュースリリース

顔認証で入店&決済&お勧め提案

店舗には、顔情報で認証して自動ドアが開く「ウォークスルー顔認証」で入店。

店内では、コミュニケーション・ロボット「PaPeRo i」が利用者の顔を認識し、属性に応じたおすすめ商品を提案。サイネージには顔画像から利用者の年齢・性別を推定してターゲットに合わせた広告が表示される。

決済は顔認証で、手ぶらで簡単に完了する。

他にも、遠隔での売場確認や特定エリアへの侵入検知を可能にする映像解析によるエリア検知、AIを活用して販売実績や天気などの多様なデータから推奨の発注数の提案、設備の情報を24時間自動収集する稼働管理など、先端技術を導入している。

出典:「セブン-イレブン・ジャパン」ニュースリリース

出典:「セブン-イレブン・ジャパン」ニュースリリース

出典:「セブン-イレブン・ジャパン」ニュースリリース

出典:「セブン-イレブン・ジャパン」ニュースリリース

発表を受けて、ネット上には様々なコメントが寄せられている。

「すごい」「顔パスって訳?」「とうとうここまで来たか」「未来感じるなぁ~」「手ぶらで買い物できるとか素晴らしい」と驚き称賛する声もあるが、一方で「データとして残るのが嫌」「いよいよ、レジを打つという仕事がなくなるな」「もうコンビニバイトもいらなくなるのね」と戸惑う声もあった。

広がる無人化、省人化

近年、国内外で店舗の無人化・省人化が進められている。

同じコンビニ大手のローソンは4月、都内の一部店舗で、レジに並ばなくてもスマホを使って店内ならどこででも決済できるセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を始めた。

スーパーなどを展開するトライアルカンパニーは今月13日に、入り口でQRコードなどをかざして入店する夜間無人店舗をオープン。

JR東日本などは10月17日から12月14日まで赤羽駅のホーム上で、交通系電子マネーで入店・決済するAIを活用した無人決店舗の実証実験を行った。今後、同実験の成果を踏まえながら、実用化に向けて検討していくとしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング