シェア

博多駅で荷物預かりサービスの実証実験が始まる!1日900円、スマホで予約

出典:ecboプレスリリース

出典:ecboプレスリリース

福岡市博多区のJR博多駅内で12月22日から、荷物預かりサービス「ecbo cloak」の実証実験が始まる。

1日900円で当日予約可能

「ecbo cloak」を運営するecbo株式会社は、JR九州と提携し、博多駅「旅行の窓口」にecbo cloakを導入し、荷物預かりの実証実験を始める。

預かり個数はスーツケース100個。九州エリア駅構内のecbo cloak荷物預かり専用ブースとしては最大規模という。

実験期間は2018年12月22日から2019年3月30日までで、料金は1日1個一律900円(税込)。当日予約・複数日予約が可能という。

営業日・営業時間は旅行の窓口に準ずる。(平日/土曜:10:00〜20:00、日曜日/祝日:10:00〜18:00、年末年始の営業日はプレスリリースに記載されている)

出典:ecboプレスリリース

出典:ecboプレスリリース

スマホから簡単予約でロッカー代わりに

ecbo cloakは、“荷物を預けたい人”と“荷物を預かるスペースを持つお店”をつなぐシェアリングサービス。

店舗を探して、ネット上から預ける期間や荷物の数を指定して予約。コインロッカーの代わりにカフェや美容院、郵便局など様々なスペースに荷物を預けることができる。

2017年に東京都内でスタートし、現在では大阪や京都をはじめとする全国の主要都市で旅行や日常の生活シーンで利用されている。

出典:ecboプレスリリース

出典:ecboプレスリリース

福岡市への来訪客の増加で博多駅の利用者が増えており、「コインロッカーに入らない大型の荷物を預けたい」「福数日間預けたい」といったニーズが増えているという。

同社は、今後は九州全土へサービスを拡大し、荷物預かりに関する問題を解決していくとしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング