シェア

アジアの子供たちに「絵本を届ける運動」が今年も受付開始!読み書きの習得で命を守ろう

出典:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会プレスリリース

出典:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会プレスリリース

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会は1月7日から、本を知らないアジアの子供たちに「絵本を届ける運動」の2019年度の受付を始めた。

今年は1万8000冊の絵本を集める目標を掲げ、ホームページで参加者を募っている。

翻訳シールを貼った日本の絵本を届ける

「絵本を届ける運動」は、本との接触が少ないアジアの子供たちが絵本を手にする機会を作ろうと、1999年に始まった。

紛争や貧困で本との出会いがない、文字の読み書きができない、絵本を読んでくれる人がいないなど、さまざまな理由で絵本を一度も読んだことのない子供たちを支援する。

日本で出版された絵本に、本文を届け先の言語に翻訳したシールを貼り、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ミャンマーの難民キャンプ、アフガニスタン、タイの図書館や学校等に配布する。同会が運営する移動図書館の蔵書等としても活用される。

参加は1セット2500円。申し込み後に届く絵本セットの説明書に沿って、翻訳シールをハサミで切って絵本に貼り、現地の言葉で自分の名前を書いて、2カ月以内に返送する。返送料は参加者負担となる。

出典:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会プレスリリース

出典:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会プレスリリース

読み書きの習得で命を守ろう

絵本は日常的に楽しさや好奇心をもたらすだけでなく、読み書きを習得する助けにもなるという。

同会によると、警告の看板が分からずに地雷原に立ち入る事故や、処方箋を読めないことによる医薬品の誤用など、読み書きができないことによる弊害が深刻であるという。このような国や地域では、識字は命を守ることにつながると強調する。

出典:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会プレスリリース

出典:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会プレスリリース

絵本を届ける運動には、老若男女問わずに参加できる国際協力として、これまでに10万人を超える個人や100社以上の企業が参加。29万冊を超える絵本を届けてきた。

20周年を迎える2019年度は、翻訳絵本の制作のほか、ロゴマークの作成や20年間の成果のまとめなども予定しているという。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング