シェア

かわいいロボットが荷物を自動配達→顔認証で受け取り!中国2都市で「スマート配送ステーション」が開所

無人配送車 出典:JD.com京東日本プレスリリース

無人配送車 出典:JD.com京東日本プレスリリース

中国のインターネット通販最大手「京東集団」(ジンドンしゅうだん)は1月9日、湖南省長沙市と内モンゴル自治区フフホト市に、自動配送サービスの物流拠点を設置したと発表した。

配送ロボが半径5キロ以内を自動配送

自動物流機能を持った「スマート配送ステーション」では、最大30個の荷物を積み込める配送ロボットが待機し、半径5キロ以内を自動配送する。

ロボットは自動的に最短ルートを算出し、配達中は障害物を避けたり、信号機を認識したりして走行できる。顔認証システムを搭載しており、利用者を特定して荷物を届けることが可能だ。配送後は自ら拠点に戻り、充電を行う。

配送ステーションはロボット配送と人力による通常配送に分かれており、フル稼働した場合は1日に2000個の荷物を配送できるという。

▼サービスの紹介映像

同社はプレスリリースで、「この小売モデルが各都市に広がり、京東物流が持つ先進技術と培われた経験を活かすことで、世界の物流効率の向上に貢献できると考えています」とコメントしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング