シェア

キャビネットに縦置きできる“書類ファイルみたいな小物入れ”が話題!開発経緯を聞く

提供:ナカバヤシ

提供:ナカバヤシ

書棚や戸棚に縦置きできる紙製の収納用品「ライフスタイルツール」が、ネット上で話題になっている。

製造する製本・事務機器大手のナカバヤシ株式会社に開発経緯を取材した。

見た目と違った抜群の収納力

ナカバヤシの紙製収納用品シリーズ「LIFESTYLE TOOL(ライフスタイルツール)」が注目を集めている。

このシリーズのファイルは、一見すると、シンプルな書類ファイルにしか見えないが、開くと中は深さや幅が異なるポケットの組み合わせで構成されており、高い収容力を持つ。

本体には磁石を内蔵し、使わないときはしっかりと閉じて本棚などに収納できる。

提供:ナカバヤシ

提供:ナカバヤシ

提供:ナカバヤシ

提供:ナカバヤシ

ネットユーザーの間で、「凄い」「収納力抜群」「素敵すぎます」「ミニチュアのアパートみたい」「仕様自体がロマン」「化粧品用と文房具用に欲しい」など、話題になっている。

物のファイルがあってもいいのでは?

広報IR室によると、ライフスタイルツールは2016年4月に、卓上タイプの収納用品のラインナップを拡充しようと誕生したシリーズ。

コンセプトは「開くと収納物が一覧できて、機能的に使え、閉じるとすっきりスマートな形状にまとまる収納用品」。

話題になったファイルタイプは、開発時にジュエリーボックスなどをヒントにした。

卓上の収納用品には背の低いものが多く、収納量を増やすと横幅が広くなり場所を取るためすっきりしない印象がありました。

そこで、「書類のファイル」があるなら「物のファイル」があってもいいのではないかと考え、本棚などにしまえるファイル形状にしました。

卓上で使う道具や用品をどのように収納するか、一覧したときの見やすさと取り出しやすさを考慮したポケットの配置のバランスに苦心しました。開くと仕切りや引き出しがたくさん現れるジュエリーボックスやプロのメイクボックスがヒントになりました。

提供:ナカバヤシ

提供:ナカバヤシ

LST-DF本棚_WR

紙の上質感と加工しやすさを活かし製品化

他にも冷蔵庫やパーティションなどのスチール面に取り付けて使う「ウォールボックス」や持ち手がついたリビング学習用の「収納カバン」などがある。

すべて製本所が祖業である同社ならではの収納用品と胸を張る。

市場には樹脂製品が多くあるので、紙の上質感と加工のしやすさを活かして製品化しました。

同シリーズは2016年、2017年にグッドデザイン賞を受賞した。

提供:ナカバヤシ

提供:ナカバヤシ

同シリーズに込める思いを、こう話す。

片付けが苦手な人ほど便利に使えると思うので、ぜひ手にとっていただきたいです。

文房具に限らず、コスメ道具や常備薬、趣味の小物などいろいろ収納できます。フリーアドレスのオフィスにもおすすめです。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング