シェア

都営地下鉄でロボットの実証実験中!近未来的な警備ロボなど8種類が馬喰横山駅等に登場

出典:東京都交通局報道発表

出典:東京都交通局報道発表

都営地下鉄の駅で「働くロボット」の実証実験が行われている。

地下鉄の駅でロボットの実証実験中

東京都は、都営地下鉄の一部の駅で案内ロボットや警備ロボットの実証実験を行っている。

今後、活用が期待される先端技術社会での実用化と東京五輪が開催される「2020年のICTショーケース化」の実現に向けた取り組みだ。

問い合わせ対応や警備の強化などの需要が想定される駅を対象に、ロボットの活用の可能性や有効性などを検証するとしている。

公募で選ばれた8種類の案内・警備ロボ

実証実験の対象となるのは、公募・審査を経て選ばれた8種類のロボット。

現在、都営新宿線の馬喰横山(ばくろこよこやま)駅で実証実験が行われているのは、セコムが開発した施設内を自律走行して巡回監視を行う警備ロボット「セコムロボットX2」だ。

搭載されたアームには赤外線センサーと熱画像センサー、金属探知機が内蔵されており、不審な放置物やゴミ箱内を点検する。

1月16日~18日と、2月13日~15日のそれぞれ3日間、同駅で実験を行う。

出典:東京都交通局報道発表
出典:東京都交通局報道発表

2月下旬まで各駅で実証実験

実証実験は2018年末に始まり、12月には都庁駅前と大門駅、上野御徒町駅で案内ロボットと警備ロボットの実証実験が実施された。

2月下旬まで行われる予定で、今後も各駅での実施が予定されている。

・都庁前駅:警備事業を展開するテイケイの「デジタル警備員」の実証実験(1月21日~1月25日)、駅案内コンシェルジュロボット「エキボ」の実証実験(1月29日~1月31日)。

・上野御徒町駅:女性型案内ロボット「ARISA」の実証実験(2月上旬)。アプリ型コミュニケーションロボット「EMIEW-TT」の実証実験(2月18日~2月22日)。

・新宿西口駅:ALSOKの警備ロボ「Reborg-X」の実証実験(2月12日~2月22日)。高性能カメラおよび顔認証システム搭載の警備ロボット「トラデカ」の実証実験(2月25日~2月28日)。

出典:東京都交通局ホームページ「案内・問い合わせ対応ロボット」

出典:東京都交通局報道発表「案内・問い合わせ対応ロボット」

出典:東京都交通局報道発表「警備・警戒・見回りロボット」
出典:東京都交通局報道発表「警備・警戒・見回りロボット」

原則として平日の10時~16時に行われる予定となっている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング