シェア

LUSHがチャリティ商品「オランウータンソープ」を販売!売上で土地を購入して森林再生へ

出典:「ラッシュジャパン」プレスリリース

出典:「ラッシュジャパン」プレスリリース

英国生まれの化粧品ブランド「LUSH」が、2019年1月25日~2月7日の期間、スマトラ島に生息するオランウータンが棲む森林の再生を目指す「#SOSsumatraキャンペーン」の第2弾を実施する。

売上全額で土地を購入、森林再生へ

日本を含む9つの国と地域で、チャリティ商品であるパーム油フリーの石鹸「オランウータンソープ」を、スマトラ島に生息するオランウータンの数に値する合計1万4600個販売。

日本を含む4つの国と地域で、オンラインショップ限定のパームフリーシャンプー「スマトラ シャンプバー」を販売する。

これら商品の売り上げの全額(消費税除く)を使って、スマトラ島の50ヘクタールの土地を提携団体を通じて追加購入し、森林を再生させ、絶滅の危機に瀕するオランウータンなどの野生生物の保全に繋げる。

出典:「ラッシュジャパン」プレスリリース

出典:「ラッシュジャパン」プレスリリース

半世紀で森林が半分程まで減少

同社によると、インドネシアではパーム油の採取を目的とした森林伐採などにより、162万ヘクタールあった森林が半世紀で半分ほどまでに減少。生き物によっては絶滅目前まで追いやられるなど深刻な状況に陥っているという。

同社は2017年から森林再生に取り組み始めた。欧州でも今回のソープを販売しており、2017年のキャンペーンではスマトラ島の50ヘクタールの土地を購入。2018年には、発売から数日で同ソープが完売したという。

出典:「ラッシュジャパン」プレスリリース

出典:「ラッシュジャパン」プレスリリース

同社はプレスリリースで、キャンペーンの期間中、販売を通じて、パーム油産業における問題点やスマトラ島の熱帯雨林やオランウータンの危機的状況などを広く顧客に伝えていくとしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング