シェア

幻想的で美しい「夢に出てきた動植物の図鑑」がステキ!作者は大学生

提供:翠煙さん

提供:翠煙さん

「夢に出てきた動植物の図鑑」について、制作者の翠煙さんに取材した。

夢に出てきた動植物を図鑑に

翠煙(@suiengreen)さんが制作した「夢に出てきた動植物の図鑑」がネット上で話題になっている。

歴史の重みを感じる重厚な装丁に、「Honey Monum(ハニーモニュム)」というタイトル。中には翠煙さんの夢に出てきた幻想的な動植物が、繊細なタッチで描かれている。

提供:翠煙さん

提供:翠煙さん

提供:翠煙さん

提供:翠煙さん

翠煙さんが先日、この図鑑の画像をTwitterに投稿したところ、「最高にロマン溢れる作品」「美しい」「めちゃくちゃ素敵」「ド性癖です」「手に取って読みたい」「欲しい」と多くのコメントが寄せられ、およそ1週間で8万5000超いいね!を得ている。

大学生の作者が課題として制作

翠煙さんは、グラフィックデザインを学んでいる大学生だという。

—–普段の創作活動について教えてください。

個人的な創作活動では世界を設定して架空の動植物を作ったり、キャラクターとストーリーを動かしたりしています。これも夢に見た風景をベースとしていることが多いです。

—–「夢に出てきた動植物の図鑑」を制作した経緯は?

課題制作として出したものではあるのですが、常々いつかは形にしなければと思っていたものなので良い機会でした。

—–普段から、夢に出てきた動植物を記録していたのですか?

昔から夢は結構鮮やかで記憶にも残る方だったのですが、ここ5年ほどは印象的であったり美しいなと思ったものはメモに取ったりラフスケッチにしたりして記録してきました。

何度も同じものが出てきたりするので、新しい形のものを発見できることはそう多くはないですが……。

Twitterもメモ代わりに活用しています。

▼夢に出てきた動植物のポストカード

提供:翠煙さん

提供:翠煙さん

10点を掲載、リメイクで増量予定

—–制作にあたって、こだわった点・工夫した点は?

こだわり・工夫とは少し違うかもしれませんが、一番苦しめられたのは動植物の設定やネーミングです。

夢の中で名前まで登場することは稀ですから、自分で納得できる名前を付けたり、夢の中の環境や風景から性質を考えたりしています。

実際にページデータを作る時より、ここに一番労力を使っている気がします。

—–図鑑には、何点の動植物が載っていますか?

リメイクで増量しますが、今の時点では10点です。

図鑑と呼んではいますが、実際のところは画集・詩集といった感じのものだと思って頂けると……。(詩と呼べるほど大層なものではないですが)

—–載っている動植物を紹介していただけますか?

Honey Monum ── 日の光の弱い湿った土地に群生する、子供の身長ほどもある白い五弁花。

茎は全て竹のように根で繋がっており非常に密に生えるため、この花の生える場所には他の植物はあまり育たない。

この花弁は摩擦等の刺激を受けると鮮やかな青に変色するため、人や獣が通ると変色した花が青い道のように見える。そのことから、童話などに出てくるモチーフとして古くから親しまれている。

(同植物の名前が図鑑のタイトルになっているという)

提供:翠煙さん

提供:翠煙さん

Flos Mortis ── 花のような姿をしているがキノコの一種である。

動物の死骸に発生することから、看取られない山の死者への供花であるとする内容の伝承が数多く残っている。

胞子が傘の上面の中心部で作られるという変わった形状のため、傘の上に新たに子実体が発生することを繰り返して縦に伸びていく性質を持つ。

提供:翠煙さん

提供:翠煙さん

作者「手が動く限り何かを作っていたい」

—–歴史の重みを感じる装丁はどのように作ったのですか?

実は製本についてはほぼ素人でして、製本そのものに特別なところはないです。

ただ、中の紙のエイジング加工はコーヒーをかけたりアイロンを当てたり、ページの端はめくられ続けて痛んだように紙をいじめてみたりしています。

リメイクの予定があるので、その時は表紙などにも凝った加工を施したいですね。

提供:翠煙さん

提供:翠煙さん

—–ネット上で大反響になっていることへの感想は?

本当にびっくりしました。ネットで親交のある方の何名かにでも需要があればお売りしようかと思っていたのですが、沢山の方から販売を希望して頂いて……。

フォロワーさんも2日ほどで7倍以上に増えました。見てくれる人が増えたということですし、制作にも熱が入るというものです。

—–最後に、翠煙さんが創作に込める思いを教えてください。

強い信条や何かがあるわけではないですが、物心ついたときからずっとものを作ったり描いたり、無いものを想像してばかりいる気がします。

多分、辛くなる時があっても続けられるものはこれ以外無いかな、と。

手が動く限り何かを作っていたいです。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング