シェア

お客さまを探せ!顔認証で搭乗予定者を把握し、飛行機の遅延を防ぐシステムが開発される

イメージ画像 Adobe Stock

イメージ画像 Adobe Stock

空港内で搭乗予定の客の位置を把握することで飛行機の出発遅延を抑制するシステムが開発され、実用化に向けた取り組みが進められている。

航空機の出発遅延を抑制するシステムが開発

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1月29日、デンソーウェブ、埼玉大学、日本信号、NEC(日本電気)とともに、航空機燃料の省エネ化を目的とした「航空機出発遅延抑制システム」を開発したと発表した。

顔認証登録された搭乗者の空港内での位置情報を短時間で把握し、未搭乗者の預け入れ荷物を迅速に取り降ろすことで、航空機の出発の遅れを抑制するシステム。

システムを活用して定時運行を確保することで、航空機燃料の余分な消費を削減して省エネ化を図る。

中部国際空港(愛知県常滑市)で12月と1月に、空港では世界初となる同システムの基礎評価試験を行ったところ、その有効性が確認されたという。

イメージ画像 Adobe Stock

イメージ画像 Adobe Stock

年間5万便が出発遅延→余分な燃料消費が発生

国土交通省交通局の2015年の調べによると、空港では搭乗者が搭乗時刻までに搭乗しないことによる15分以上の出発遅延が年間約150万便中5万便発生。

定時運行を確保するために、飛行高度や飛行速度を変更するなど航空機燃料の余分な消費が発生しているという。

これを抑制するためには、搭乗者全員の空港内での位置情報の把握と未搭乗者が預けた荷物の迅速な取り降ろし作業が必要だとして、デンソーウェブなどは共同で搭乗者を捜索するための追跡技術の向上・確立の研究開発に取り組んでいる。

空港内のカメラで搭乗者の位置を把握

開発された「航空機出発遅延抑制システム」は、顔認証技術で搭乗者の位置情報を把握、電子タグにより預けた荷物の位置情報を把握し、未搭乗者の預けた荷物を迅速に航空機から取り降ろすシステムだ。

まず、「Self Bag Drop機(手荷物自動預け機)」でパスポートと搭乗券を認識後、搭乗者の顔写真を撮影し、搭乗者と荷物を紐づけ。預けた荷物も計量ベルト上で写真撮影される。

荷物を預けた搭乗者はセキュリティゲートおよび搭乗ゲートに設置された、顔認証機能を備えた「Eゲート」を通過。ゲートは、搭乗券IDによる自動認証で開閉する。

空港の制限エリア内では、各ポイントに設置された搭乗者の位置を捜索するためのカメラが顔認証データに基づいて搭乗者の通過履歴を収集。

搭乗ゲートなどで、エリア内の未搭乗者の位置情報を顔画像データと共に表示することで、未搭乗者の捜索範囲を絞り、発見しやすくする。

未搭乗者の位置情報から出発遅延が想定される場合は、手荷物搭載作業者の端末に指示情報を発信。預け入れ荷物ナンバーや写真画像などをもとに、未搭乗者の預け入れ荷物の取り降ろし作業を迅速に実施する。

出典:NEDOニュースリリース

出典:NEDOニュースリリース

今後は、今回の試験から得られた問題点や課題点を踏まえてさらに大規模な実証実験を実施してシステムを確立させ、早期の実用化を目指すとしている。

同システムについて、ネット上には「画期的なシステム」「グッドアイデア」「ぜひ進めるべき」「犯罪規制できそう」「なんだか見張られている感じがして嫌」など、様々なコメントが寄せられている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング