シェア

東海道新幹線で「神泡ビール」が期間限定でスタート!おつまみとセットで500円、専任パーサーが販売

出典元:「ジェイアール東海パッセンジャーズ」プレスリリース

出典元:「ジェイアール東海パッセンジャーズ」プレスリリース

新幹線の車内でお店のようなクリーミーな泡ビールを楽しめるようになり、話題になっている。

東京・名古屋間ののぞみで販売

新幹線内での車内販売などを手掛ける株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズは2月6日から、東海道新幹線の一部列車(東京~名古屋駅間)で、クリーミーな泡のプレミアムビール「ザ・プレミアム・モルツ“神泡セット”」の提供を始めた。

オリジナルおつまみとのセットで販売価格は500円(税込)。4月2日までの期間限定で提供する。

出典元:「ジェイアール東海パッセンジャーズ」プレスリリース

出典元:「ジェイアール東海パッセンジャーズ」ニュースリリース

専用の電動式サーバーで提供

今回のビール提供は、サントリービールが開発した缶商品専用の「新型電動式神泡サーバー」によって、新幹線内での神泡の提供が可能となったという。

サントリービールのプレスリリースによると、新しい電動式神泡サーバーは、缶そのものを超音波で振動させることで、缶から直接、優れたビールの泡「神泡」を注ぐことができるようにしたサーバーという。

1秒間に4万回振動の超音波をあてることで、お店のような神泡が生まれるそうだ。

東海道新幹線の対象列車に神泡販売専任のパーサーが乗車し、専用のカップに注いで販売するという。

同サービスについて、ネットユーザーからは「酔っ払いが増えるのでは…」と懸念する声もあるが、「最高かよ」「道中がさらに楽しくなりそう」「ちょっとしたことだけど、付加価値の高いサービス」「楽しみが増えた」「出張帰り購入確定」「このサーバーが家に欲しい」など歓迎する声が多く寄せられている。

大々的な神泡プロモーションを展開へ

サントリービールは2019年、新幹線での提供の他にも、画像やメッセージを泡の上にプリントできる「泡アート」や旗艦店「神泡BAR」のオープンなど、神泡の大々的なプロモーションを展開する予定だ。

3月19日からは、全国のスーパーなどで新型神泡サーバー付き商品を数量限定で販売する。電動式神泡サーバーは12缶以上、手動式神泡サーバーは2缶以上購入でプレゼント。店頭でなくなり次第終了するという。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング