シェア

「生体認証の自動販売機」が一般販売へ、お酒の販売やチケット・調剤薬品の受取を想定

出典元:Liquidプレスリリース

出典元:Liquidプレスリリース

生体照合端末の開発を行う株式会社Liquid(東京都千代田区大手町)は2月12日、生体認証でより正確な本人確認を行う「生体認証機能付き自動販売機」を開発し、一般販売を始めると発表した。

アルコール飲料販売等での利用を想定

自動販売機の製造を行うサンデン・リテールシステム株式会社(千代田区外神田)との共同開発。

労働人口不足が起こっている小売業での新しい商品販売や受け取りの形が求められていることがあるという。

購入者は、自動販売機に設置された生体認証スキャナーを用いて生体認証を行う。

クラウドに予め登録された本人情報を照会し、その結果に応じて販売するかしないかを決定。販売できると判断した場合、決済して商品を受け取ることができる。

出典:Liquidプレスリリース

出典:Liquidプレスリリース

出典:Liquidプレスリリース

出典:Liquidプレスリリース

より正確な本人確認を行うことで、従来の自動販売機では販売できなかった商品も扱えるようになると見込む。

同社は想定する利用シーンとして、生体認証で登録された生年月日を照会してのアルコール飲料の販売や、ライブチケットの受け取り、調剤薬品の受け取りなどを挙げている。

アルコール飲料の販売については現在、各種法令への照会を進めている。調剤薬品については、今後の法令改正の状況によって実現する可能性があるとしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング