シェア

「ATMからの現金引き出しは10連休前に!」全国銀行協会が留意を呼びかけ

出典元:全国銀行協会ホームページ

出典元:全国銀行協会ホームページ

10連休となる2019年のゴールデンウィークに向けて、全国銀行協会がATMなどの銀行利用について注意を呼びかけている。

全国銀行協会「手続きはお早めに」と呼び掛け

現在の天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位に伴って、今年のゴールデンウィークは4月27日(土)~5月6日(月)まで10連休となる。

全国銀行協会は、10連休中は銀行法の定める銀行休業日になるとして「銀行でのお手続きはお早めに」と呼びかけている。

銀行窓口やATM、振込み、口座引き落としなど様々な利用シーンで10連休の影響が想定されるそうだ。

現金不足でATM停止の恐れも

全国銀行協会によると、ATMは連休中も断続的に稼働する予定だが、現金が足りなくなって停止するATMが出る可能性もあるそう。

そのため、連休中に必要な現金はなるべく連休前に準備してほしいと呼びかけている。

また、両替機を連休中に使える銀行が限られるので、連休中に必要な硬貨があれば、連休前に早めに準備してほしいとしている。

出典元:全国銀行協会ホームページ

イメージ画像 fotolia

「口座引落とし日」や「返済日」にも注意

他にも、次のような留意事項を公表している。

【銀行窓口】

多くの銀行で窓口が休みとなることが想定される。また、連休前後は窓口の混雑が予想されるので、必要な手続きは連休前に早めに済ませたほうが良いという。

【振込】

連休中でも全国銀行資金決済ネットワークが休日等に提供する「モアタイムシステム」に接続する金融機関同士なら、原則として即時入金が可能。(詳細は振り込みの際のATM等の画面を確認)

ただし、ATMやネットバンキングの限度額を超える振り込みについては、連休前に早めに手続きしてほしいそう。

海外からの送金については、連休明けに速やかに対応するが、確認等を行うので入金までに時間がかかる場合があるという。

【口座引落とし】

口座振替日が10連休中に設定されている場合、引落日は翌営業日(5月7日)扱いとなる。あらかじめ、必要な金額を口座に入金しておいてほしいと呼びかけている。

【返済日】

返済日が10連休に設定されている場合は、銀行との契約内容に従って、前営業日(4月26日)または翌営業日(5月7日)扱いとなる。利息の取扱い等、契約内容を確認してほしいとしている。

他にも、キャッシュカードの発行など、連休前に行った申し込みや銀行からの送付物は、通常よりも手続きに時間がかかる場合があるそう。

また、運用商品等は、連休中の海外市場の大きな変動などで資産価値が大きく変動する可能性があるとして、約定日や受取日にも注意するよう呼びかけている。

出典元:全国銀行協会チラシ

出典元:全国銀行協会チラシ

法人は、給与振り込みや口座振替等を依頼している日付が連休中・連休直後の場合、持込期限が通常よりも早くなる可能性があるので、早めの持込に協力してほしいとしている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング