シェア

今夜は平成最後のスーパームーン!深夜0時54分に満月、ネット上は「夜明け前に期待」の声

イメージ画像 fotolia

イメージ画像 fotolia

平成最後のスーパームーンが注目を集めている。

2月20日0時54分に満月

今夜の満月は2019年で最も大きな満月、いわゆるスーパームーンだ。

国立天文台のホームページによると、月は2月19日の18時3分に1公転の間で最も地球に近づく「近地点」を通過し、日付が変わってすぐの20日0時54分に満月になるそう。

ほとんどの地域で満月の瞬間の前後1時間以内に南中するので、天気が良ければ、真夜中の空高くに輝く今年最大の満月を見ることができるかもしれない。

イメージ画像 fotolia

イメージ画像 fotolia

14%大きく、30%明るく見える

最も大きな満月とは、どのくらい大きいのか?

月の大きさを何カ月も正確に覚えておくのは困難なため、夜空を見ただけで「月が大きい」と感じるのは難しいそう。

しかし、最大の満月と最小の満月を並べてみて比較すると、大きさの違いはよくわかる。

月の距離から計算すると、最も大きな満月は最も小さな満月と比べて、14%視直径が大きく、30%明るく見えるという。

出典元:国立天文台

出典元:国立天文台

東京の降水確率、20日0~6時は20%

気になる天気はどうだろうか。

気象庁の天気予報によると、今夜は広い地域で雨か曇りの予報だ。

降水確率は、東京地方は19日18~24時は60%、20日0~6時は20%。愛知県西部は19日18~24時は60%、20日0~6時は10%。大阪は19日18~24時は50%、20日0~6時は20%となっている。

出典:気象庁ホームページ

出典:気象庁ホームページ

出典元:気象庁ホームページ

出典元:気象庁ホームページ

予報を受けて、ネット上には「雨やんでほしい」「晴れて」「スーパームーンを見たい」「雲の隙間からでもいいから、拝めますように」「望みをかけて待ってみる」「明朝の夜明け前に期待」といった声が寄せられている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング