シェア

月額4万円から!定額全国住み放題の「ADDress」が会員募集を開始、最初の11拠点も発表

出典元:「アドレス」プレスキット

出典元:「アドレス」プレスキット

月額4万円からの定額で、全国どこでも住み放題となる多拠点コリビングサービス「ADDress(アドレス)」が法人会員と優先会員の募集をスタートした。

定額制で全国の拠点に住み放題

「ADDress」は、登録拠点ならどこでも住み放題になる、サブスクリプション(月額定額制)型の多拠点居住のシェアサービス。移住ではなく、都市部と地方が「人口をシェア」する。

空き家や別荘を活用することでコストを抑えながら、リノベーションによる快適な空間を提供。各拠点は、個室を確保しつつも、シェアハウスのようにリビングやキッチンなどを共有。光熱費やWi-Fi、共有の家具やアメニティの利用、共有スペースの清掃も含め、低価格を実現する。

料金は、年会員は年48万円(月4万円)、月会員は月5万円、法人会員は月8万円。1個室の連続予約は1週間までで、1度にできる予約の上限日数は14日間。一部地域物件は光熱費が別途必要となる。

第1弾法人会員として、リクルート住まいカンパニーやNPO法人フローレンスなどが導入を決定したという。

拠点を発表、クラウドファンディングも開始

「ADDress」を展開する株式会社アドレスは2月18日に、第1弾として4月の開始時にオープンする千葉県南房総市や徳島県美馬市などの11拠点を発表した。

将来的に、栃木県日光市や宮崎県日南市などにもオープンを予定している。

 

出典元:「アドレス」プレスリリース

出典元:「アドレス」プレスリリース

出典元:「アドレス」プレスキット

出典元:「アドレス」

2月18日からクラウドファンディングを利用して優先会員の募集を始めたところ、開始から1日で目標金額の200万円を上回る支援が集まった。(クラウドファンディングは3月19日まで)

同社はサービスにより、働き方の多様化やライフプランに応じた生活拠点の気軽な変更を可能にし、都市部に集中していた人口の地方への受け皿を作ることで、関係人口の増加による消費などを通して地域の価値を高めることにもつながるとしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング