シェア

中目黒に高級スタバ「ロースタリー東京」がオープン!世界で5店舗目、お茶やお酒も楽しめる

出店元:スターバックコーヒースジャパン

出店元:スターバックコーヒースジャパン

東京・中目黒に2月28日、「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京」がオープンした。

「スターバックス リザーブ(R)ロースタリー」は焙煎工場を併設した店舗で、2014年に米シアトルに1号店が開店。その後、中国・上海、伊ミラノ、米ニューヨークと出店し、東京は世界で5番目の店舗となる。

1200平方メートルの敷地で隈研吾氏とコラボ

ロースタリー東京は、敷地面積1200平方メートルの広さを誇る4階建ての店舗。店舗の外観は建築家の隈研吾氏が手掛けた。

1階はメインバー「スターバックス リザーブ」と日本初となるイタリアの本格ベーカリー「プリンチ」。2階はお茶を味わえる「ティバーナ バー」、3階は日本初上陸のカクテルバー「アリビアーモ バー」。

4階は、イベントや地域の人々の集いの場として使えるラウンジとなっており、スペシャルティコーヒー協会(SCA)公認予定のコーヒーの専門的なトレーニング施設としても活用するという。

出典元:スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京=2019年2月28日、東京・中目黒で撮影

空間デザインは、目黒川沿いの満開の桜並木からインスパイアされたもので、日本各地で見られる自然の美しさとの融合を目指した。

天井は折り紙をモチーフにデザイン。職人が手作業で仕上げた桜の花びらを施した高さ約17メートルの銅板のキャスクが客を出迎える。

出典元:「スターバックス」プレスリリース

出典元:スターバックスコーヒージャパン

出典元:「スターバックス」プレスリリース

出典元:スターバックスコーヒージャパン

100種類以上の限定コーヒーやティーを提供

1階のバー「スターバックス リザーブ」では、カクテル感覚のビバレッジ「メルローズ トウキョウ」(税抜1100円)や、シナモンが効いたクリーミーなフォームを載せた「アメリカーノ コン クレマ」(税抜800円)など希少なコーヒー豆を丁寧に焙煎したコーヒーを提供。

生豆から一杯のコーヒーになるまでの過程を見ることができるという。

出典元:「スターバックス」プレスリリース

出典元:スターバックスコーヒージャパン

2階のティバーナ バーでは、ジャスミンティーを鮮やかなピンクのアイスキャンディで飾り付けた「ポップンティーさくらジャスミン」(税抜950円)など、同店限定の鮮やで個性的なティー体験を楽しめる。

高級スタバの日本進出は、ネット上で「すべてがおしゃれ」「美術館のよう」「居心地がよさそう」「最高級のコーヒーを飲んでみたい」「ティーのメニューが素晴らしい」と早くも話題をさらっている。

スターバックスのウェブサイトによると、2019年2月28日(木)~3月3日(日)、3月9日(土)~3月10日(日)は混雑が予想されるため入場制限を行う。

該当日は午前7時~9時は優先入場チケットプレゼントに当選した人だけが入場できるようにする。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング