シェア

成田空港、搭乗ゲート等を「顔パス」で通過可能へ!待ち時間短縮、安全対策や省人化も期待

イメージ画像 Adobe Stock

イメージ画像 Adobe Stock

成田空港で2020年春から、保安検査場入口や搭乗ゲートの通過、手荷物預けを「顔パス」で済ませられるようになる。

顔認証搭乗「OneID」をスタートへ

成田国際空港株式会社は、成田空港で2020年春から、世界最先端の顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」をスタートすると発表した。

チェックインなど、空港での最初の手続き時に顔写真を登録すると、その後の手荷物預けや保安検査、搭乗ゲートを「顔パス」で通過できるようになるそう。

世界でも取り組みが始まったばかりの新しい旅のスタイルを、国内では成田空港が先駆けて導入するという。

出典元:成田国際空港プレスリリース

出典元:成田国際空港プレスリリース

第1ターミナル南ウイングのANAと第2ターミナルのJALが同システムへの参加・導入を予定。参加航空会社や導入ターミナルは順次拡大するとしている。

歩きながら写真撮影・照会

これまで必要だった搭乗券、パスポートを提示する手間が無くなり、搭乗までの煩わしい手続きが軽減できると共に、手続きの待ち時間短縮が期待される。

保安検査場の入り口では、従来搭乗券の確認が行われていた入り口をウォークスルーで通過して保安検査に進むことが可能に。歩きながら顔写真の撮影が行われ、認証システム内で本人確認される。

搭乗ゲートも同様にウォークスルーで通過できるようになる。

出典元:成田国際空港プレスリリース

出典元:成田国際空港プレスリリース

最先端の顔認証システムを活用することにより本人確認精度が向上し、テロ等の未然防止にもより万全を期すことができるようになるそう。

さらに、自動化することで省力化・省人化にもつながり、深刻化する労働力不足対策にもなるとしている。

発表を受けて、ネット上には「本当に正確なのか?」「顔をメカに覚えられるのはなんか嫌」と慎重な声もあるが、「最高やん」「新時代到来」「紙の搭乗券なんか、古くね?…の時代になっていく」「チケットレスは嬉しい」「免税店での買い物にも導入して」「他の空港でも導入していってほしい」など期待する声が多く寄せられている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング