シェア

ビックカメラ町田店に“小田急線エレベーター”が爆誕!担当者「本物に近づけました」

出典:「ビックカメラ」ホームページ

出典:「ビックカメラ」ホームページ

小田急線をモチーフにしたエレベーターについて、株式会社ビックカメラに取材した。

ビックカメラ町田店のエレベーターが話題

東京都町田市にある小田急百貨店町田店に登場した「小田急線モチーフエレベーター」がネット上で話題になっている。

小田急線・町田駅の西口改札を出て右手に進むと、小田急線をデザインしたエレベーターが出現。

足元には「各停」「急行」の文字もあり、エレベーターなのに小田急線に乗車するかのような錯覚を覚える。

出典:「ビックカメラ」プレスリリース

出典:「ビックカメラ」ホームページ

出典元:「ビックカメラ」ホームページ

出典元:「ビックカメラ」ホームページ

ネット上で「ナイスアイデア」「すごくリアル」「本物かと思った」「良いデザイン」「楽しい」「乗りたい」と話題に。

実際に利用したという人からは「思っていた以上の小田急感」「創造以上にクオリティ高かった」「見たことないガチっぷりで感激」」「改札出てすぐなので、一瞬混乱する」「新しいホームドアかと思った」「凄いから、みんな行った方がいい」などのコメントが寄せられている。

内装もこだわり電車内を再現

ビックカメラ町田店が小田急百貨店町田店の7・8階にオープンするのに合わせ、小田急線町田駅コンコースの北側エレベーターを小田急線モチーフにラッピングしたという。

ビックカメラの広報担当者に詳しい話を聞いた。

—–同エレベーターが誕生した経緯を教えてください。

小田急さまとは、2002年のビックカメラ新宿西口店の開店の頃から続く強いご縁がございます。

今般の店舗は、地域の皆さまから愛される小田急線をデザインに装飾を行い、皆さまから親しみを持っていただけるお店を目指しました。

—–こだわった点は?

ぱっと見たときに、驚きを提供できるように行き先表示なども本物に近づけました。

外観だけでなく、エレベータ内も電車内の装飾をし、外から見ても中に入っても楽しめる装飾になるようにこだわりました。

▼左:エレベーター内からの写真、右:エレベーター内の壁面

提供:ビックカメラ

提供:ビックカメラ

—–期間限定とのことですが、いつ頃までの予定ですか?

現状、未定です。

ビックカメラの公式Twitter(@biccameraE)によると、町田店内の案内や告知物にも駅を連想させるデザインを採用しており、まるで駅で買い物をしているような雰囲気を感じられるという。

「お客様喜ばせ業」が理念

—–これまでに他の店舗でも同様の取り組みを行ったことはありますか?

2018年12月にオープンした、「ビックカメラ セレクト京都四条河原町店」では、京都の大通りへの出店のため、和をモチーフにした装飾を取り入れました。

ちょうちんや、のれんの装飾、またオープン当初は酒樽を店舗中央に置く(現在はございません)など、お客様が見て楽しめるお店を目指しました。

提供:ビックカメラ

提供:ビックカメラ

提供:ビックカメラ

提供:ビックカメラ

—–店舗づくり・サービスに込める思いを教えてください。

ビックカメラが創業以来一貫している理念とは、より豊かな生活を提案する【お客様喜ばせ業】ということです。

カメラ・パソコンなどの家電製品を中心に、メガネ・コンタクト・酒類・玩具など、人々の生活に密着した商品を取り扱うビックカメラは、お客様の多様なニーズに応えながら、より豊かな生活を提案する専門店の集合体として、専門性の高い体感型の売場を実現しています。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング