シェア

「だめになりそうなときは ここにおいでよ」動物園が“自殺防止ポスター”に込めた思い

出典元:豊橋動植物公園ホームページ、写真:山本亘さん

出典元:豊橋動植物公園ホームページ、写真:山本亘さん

優しく寄り添うライオンが印象的な自殺対策ポスターについて、制作した愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園に取材した。

動物園による自殺対策ポスター

豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)は3月の自殺対策強化月間に合わせ、市保健所の健康増進課とともに、自殺に追い込まれることのない社会の実現に向けたメッセージを発信した。

2頭のライオンが寄り添うポスターには、次のようなメッセージが書かれている。

「だめになりそうなときは きっと ここにおいでよ」

「のんほいパークの動物たちは、何もかも自由で やわらかな瞳と癒しに満ちた、優しい仲間たちです。きっと、あたなの心に寄り添ってくれる」として、「のんほいパークへおいでよ」と呼びかけている。

出典元:「のんほいパーク」ホームページ

出典元:「豊橋動植物公園」ホームページ

ポスターはネット上で「優しい世界」「ライオンの表情がとても素敵」「ライオンが優しく寄り添う姿が疲れた心を和ませてくれて、実に素晴らしい」「なんか、心が優しくなった」と話題になっている。

常連客が撮影、コピーは園長作

のんほいパークの瀧川直史園長に話を聞いた。

—–自殺対策に向けて、健康増進課とタッグを組んだ経緯は?

市役所の自殺対策に関する庁内会議に私が出席し、各課がなにができるのかを考えたとき、「本園の動物なら、悩んでいる人たちへ何かメッセージを送ることができるのではないか」と思い、企画しました。

動物園には色々な方が癒しを求めていらっしゃいます。

仕事で疲れたり、ストレスを抱えたり、体や心の障害に苦しんでいる、そんな多くの方が、「一日、動物園で動物を見ていると、それだけで心が軽くなる」とおっしゃられます。

提供:豊橋動植物公園

提供:豊橋動植物公園

—–ポスターの写真は誰が撮影?メッセージは誰が考えたのですか?

写真を撮影されたのは、本園のリピーターで、ライオンたちを中心に写真を撮られている山本亘さんという方です。

メッセージは私(瀧川)が考えました。

—–ポスター制作にあたり、こだわった点は?

ライオンの写真が素晴らしいので、その写真を壊さないようなメッセージにこだわりました。

こういったポスター制作は初めてだったので、このコピーが悩んでいる方にどのように届くのか、逆効果にならないのかなど、本市の自殺対策の担当部署の専門家にも相談しながら作成しました。

写真はライオン「オト」と「ハヤテ」

ポスターのライオンは、同園が飼育するライオンの「ハヤテ」と「オト」だ。

ハヤテは1998年5月26日生まれのオス。鼻筋が通っており、シュッとしたハンサムなライオン。

オトは1999年8月26日生まれのメス。食欲旺盛かつ野性味あふれた性格で、動きも機敏だ。

—–いつもポスター写真のように仲が良いのですか?

2人はとっても仲良しです。2匹とも高齢ですが、まるでお互いをいたわるように、柔らかく日々を過ごしています。

同園公式サイトによると、ハヤテはオトの頭をペロペロ舐めてあげるのを日課にしているという。

提供:豊橋動植物公園

提供:豊橋動植物公園

提供:豊橋動植物公園

提供:豊橋動植物公園

一瞬でも柔らかな思いになってもらえたら」

—–最後に、今回の取り組みに込める思いを教えてください。

悩んでいる方やつらい思いをしている方々は、その思いから離れるのはなななか難しいようです。

わたしどものような施設が本当にそういった方々を癒す力があるのか、本当のところはわかりません。

しかし、今回のポスターを見て、そういった方々が一瞬でも本園の動物に、その思いや意識が動いて、やわらかな思いになっていただけたらと思っています。

これからの動物園は、人にも動物にも優しい動物園であるべきだと思っています。

本園の取り組みは、いまだ途上ではありますが、動物たちを幸せにいきいきと飼育すること、また、そういった彼らの姿をしっかりと皆さんに見ていただける、そんな環境整備をすすめていきたいと考えています。

豊橋総合動植物公園
所在地:愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
営業時間:9:00~16:30 ※入園は16時まで
定休日:毎週月曜日 (その日が祝日・振り替え休日の場合は翌平日)、12月29日~1月1日

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング