シェア

密教法具もカワイイ♡「空海と仏教曼荼羅」展とフェリシモのコラボが実現

出典元:フェリシモプレスリリース

出典元:フェリシモプレスリリース

フェリシモのお寺カルチャーコミュニティ「フェリシモおてらぶ」と東京国立博物館で開催中の特別展「国宝 東寺-空海と仏教曼荼羅」のコラボレーションが実現した。

「寺チャームコレクション」(6種類)、「もちもち金剛杵ペンケース」、「東寺のもちもち邪鬼ポーチ」「あったか毘沙門天アイマスク」「曼荼羅パラソル」の5アイテムを新たに発売する。

出典元:フェリシモプレスリリース

出典元:フェリシモプレスリリース

密教法具のペンケース、曼荼羅の傘など

「寺チャームコレクション」は、空海が開いた真言密教の祈祷や法要に使用する密教法具をヨーロッパのアンティークチャームのようなコレクションに。

イヤリングやピアスパーツと組み合わせてアクセサリーにしたり、キーホルダーパーツとしても使える。

出典元:フェリシモプレスリリース

出典元:フェリシモプレスリリース

「東寺のもちもち邪鬼ポーチ」は、いつも四天王像に踏まれ続けている邪鬼たちを、もちもちの可愛らしいポーチにした「もちもち邪鬼ポーチ」コレクションの東寺オリジナルバージョン。

東寺の邪鬼特有の表情を再現した。

精巧なフィギュアのようなリアルプリントを施すことで、木彫りのイメージを崩すことない仕上がりに。鼻や耳といった特徴的な部分は、別パーツで再現したそうだ。

出典元:フェリシモプレスリリース

出典元:フェリシモプレスリリース

「もちもち金剛杵ペンケース」は、東寺の帝釈天が手に持つ密教法具「金剛杵(こんごうしょ)」のペンケース。

東寺の帝釈天が手に持った時の大きさをイメージしたサイズ感で、手触り柔らかいペンケースに仕上げた。リアルなプリントともちもちな触り心地を両立させたという。

出典元:フェリシモプレスリリース

出典元:フェリシモプレスリリース

「曼荼羅パラソル」は、密教の世界を視覚的に表現した曼荼羅をデザインした、折りたたみ式の晴雨兼用傘。

裏面には大日如来を中心に、八葉の蓮華状に東西南北に四仏、その間に四菩薩が配置される胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)の中心、中台八葉院(ちゅうだいはちよういん)をデザインしている。

出典元:フェリシモプレスリリース

出典元:フェリシモプレスリリース

「あったか毘沙門天アイマスク」は、東寺で名高い兜跋(とばつ)毘沙門天の眼差しを再現。

眼光鋭い睨みをきかせた眼差しの特徴的な顔を、くり返し使えるカイロで目を癒すアイマスクにした見た目と裏腹な癒しアイテムだ。

出典元:フェリシモプレスリリース

出典元:フェリシモプレスリリース

展覧会会場の特設ショップと、フェリシモおてらウェブサイト上で販売している。

【国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅】
会場:東京国立博物館平成館(上野公園)
会期:2019年3月26日(火)~6月2日(日)
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで)
観覧料:一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料
URL:https://toji2019.jp/index.html

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング