シェア

平成の空気を詰めた「平成の空気缶」が発売!岐阜の“平成地区”で4月22日に公開採取

出典元:ヘソプロダクション/「平成の空気缶」商品イメージ

出典元:ヘソプロダクション/「平成の空気缶」商品イメージ

ヘソプロダクション(大阪市福島区)は、岐阜県関市の平成(へなり)地区で平成の空気を採取した「平成の空気缶」を制作すると発表した。

“日本平成村の空気”と“平成時代への感謝の気持ち”をぎっしりと詰め込んだ保存用の空気缶詰だという。

【関連記事】昭和最後の日、小学生が瓶につめた「昭和の空気」がTwitterで話題

平成の空気と5円玉を密閉

岐阜県関市の平成(へなり)地区は、元号が平成に改められた1989年に、読み方は違うが全国で唯一元号と同じ漢字の地名として一躍脚光を浴びた。

地区内にある平成への改元を記念して造られた「元号橋」で4月22日(月)に平成最後の空気を採取し、令和時代でも良いご縁があるよう祈りを込めた平成の5円玉と共に密封した缶詰を、日本平成村の人々と手作業で制作する。

公開作業なので、誰でも自由に観覧できるそうだ。

完成品は順次「道の駅 平成」に配送し、先行販売を実施。4月27日(土)からは、特設ECサイトで一般販売も始める予定だという。

出典元:ヘソプロダクション/「平成の空気缶」商品イメージ

出典元:ヘソプロダクション/「平成の空気缶」商品イメージ

平成の空気を未来に届けていつまでも大切に

平成時代への感謝の気持ちを形にして残すことはできないか、と考えに考えた結果、平成の誕発表で一躍脚光をあびた平成(へなり)の空気缶の開発に辿り着いたそうだ。

単に空気だけでなく、平成の空気を未来に届け、いつまでも大切にしたいという想いが詰まっているそうだ。

出典元:ヘソプロダクション/元号のまち「平成(へなり)」(岐阜県関市)

出典元:ヘソプロダクション/元号のまち「平成(へなり)」(岐阜県関市)

【平成の空気缶(へいせい・へなりの空気缶)】
採取地:元号橋(岐阜県関市平成地区)
内容量:平成の空気、平成の5円(ご縁)玉、日本平成村のみなさまからの「ありがとう!平成」の気持ち
価格:1080円(税込)
販売場所:道の駅 平成(4月22日から)、特設ECサイト等(4月27日より予定)
※数量限定

【公開作業】
実施日時:2019年4月22日(月)10:00~10:30
場所:日本平成村 元号橋(岐阜県関市下之保1993番地6)
製造者:日本平成村の皆様

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング