シェア

どんぶらこ感がハンパない!岡山で目撃された「桃型ボート」が話題

提供:岡山青年会議所

提供:岡山青年会議所

お城近くを流れる川をどんぶらこ、どんぶらこと漂う「桃」がSNS上で話題を呼んでいる。

発案した岡山青年会議所に取材した。

岡山ならではの桃ボートが話題に

岡山城近くの旭川を漂うピンク色の桃ボートがネット上で注目を集めている。

先日、あるTwitterユーザーが、川で可愛いピンクのボートを見かけてよく見たところ、白鳥型ではなく桃だったとして「どんぶらこ感が凄くて笑える」と投稿した。

提供:岡山青年会議所

提供:岡山青年会議所

ツイートをきっかけに桃ボートは一躍話題となり、ネット上には「さすが岡山」「シュールな光景」「まさにドンブラコ」「桃太郎が桃の中にいるときの気分になれる」「発想も出来も素敵すぎる」「乗ってみたい」と多くのコメントが寄せられている。

桃太郎気分を感じられる場所を

このボートは若年層世代が中心となって、故郷「おかやま」にしかない魅力を最大限掘り起こして岡山の優れた「どんぶらこプロジェクト」で制作し導入したという。

公益社団法人・岡山青年会議所の安部真良さんに話を聞いた。

—–桃ボートを発案した経緯を教えてください。

2017年末に、20歳〜40歳までの青年団体である青年会議所で、2018年度はどのようなまちづくり事業を行なって岡山の魅力を全国に向けて発信するかを協議し、発案いたしました。

岡山の日本遺産である桃太郎伝説をどうやったら多くの方に知ってもらえるかと考え、「岡山で桃太郎気分を感じられる場所を作ろう」という流れから、桃ボートを製作することになりました。

こうして、2018年10月8日に進水式に至ったそうだ。

—–桃ボートをデザインするにあたって、こだわった点は?

どの角度から見ても桃とわかるように細かいところまでデザインにこだわりました。

多くの人に乗っていただけるように、可愛らしい丸っこい桃をイメージしました。

提供:岡山青年会議所

提供:岡山青年会議所

提供:岡山青年会議所

提供:岡山青年会議所

乗船料の一部は豪雨災害の義援金として寄付

桃ボートには、岡山城と隣り合う日本3大名園の1つ「後楽園」内にある「CAFE&RESTAURANT&BOATING 碧水園」にて乗船することができる。

利用料金は20分1600円。定員は最大3名(大人2名、子供1名)まで。現在、3台の桃ボートが稼働している。

提供:岡山青年会議所

提供:岡山青年会議所

提供:岡山青年会議所

提供:岡山青年会議所

—–桃ボートに込める思いを教えてください。

岡山の魅力を多くの方に知っていただき、岡山のまちに1人でも多くの方にお越しいただけるきっかけになればと考えてます。

そして、桃ボートに乗っていただき桃太郎気分を感じていただきたいです。

ちなみに1600円の乗船料の一部は、2018年に西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となった「平成30年7月豪雨」の義援金として岡山県に寄付いたします。

【桃ボート】
乗船場所:Café & Restaurant & Boating 碧水園(岡山市北区後楽園1−6)
利用料金:1600円(1舟20分間)
定員:最大3名(大人2人、子供1人)
稼働台数:3台

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング