シェア

明治時代の力強い文字を後世に―6355字をびっしり書いた「文字だらけの傘」に込める思い

提供:長寿乃里

提供:長寿乃里

明治時代の文字、6355文字を傘布に敷き詰めた「晴耕雨読傘」について、制作した横浜市の長寿乃里に取材した。

明治時代の文字を載せた傘

長寿乃里は、レトロな文字と次世代傘がコラボした「晴耕雨読傘」生産への賛同を募るクラウドファンディングを行っている。

「晴耕雨読傘」は、レトロで力強い明治時代の文字・6355文字を1本の傘に配置した文字だらけの傘。

長く使える傘に文字を載せることで、文化としての文字を後世に残すことをを目的とした、タイポグラフィーデザイナーの大谷秀映さんとのコラボプロジェクトだ。

文字のアンティークを後世に残す

活字は読みやすさを追求して進化してきたが、活版印刷が本格的に導入される明治までは、個性が強く魅力的な手書きの文字が現役で活躍していた。

この時代の残り香のような文字は古書として今も残っているが、時代と共に劣化し、ゆっくりと確実に失われつつある。

この貴重な文字のアンティークを後世に残していくにはどうしたらよいか、ということからスタートしたプロジェクトだという。

提供:長寿乃里

提供:長寿乃里

「モノ」ではなく「コト」を売る

クラウドファンディングを実施している長寿乃里は、風で折れても元通りになる傘「ポキッと折れるんです(R)」を開発。2019年4月現在、累計で25万本を販売するヒット商品となっている。

新規事業部の小川邦夫さんによると、クライアントつながりでフォント文字を核としたデザイナーの大谷秀映さんを紹介してもらったのが縁で、晴耕雨読傘を発案したという。

大谷さんは100年以上前の書物に触れ、その活字の美しさに魅了され、滅びてしまった活字を未来に残したいという思いからデータ化した「明治教科書明朝」の作者。

明治期の教科書活字をもとに基本に忠実にレタリングし、現代流にデザインして蘇らせた。

大谷さんの文字に対する想いや活動に感銘を受け、単にデザインが施された傘をリリースするモノ売りではなく、文化的な活動として広く世に問うてみる方が面白くなるのではないか、と私からご提案させていただきました。

ポキッと折れるんですは、環境問題を解決するために開発されヒットした商品で、取材を受ける際も社会的な側面にフォーカスされることが多くありました。

この特徴を活かして販売に繋げるには、モノ売りではなくコト売りになる企画にしたいというのは背景にあったと思います。

大谷さんが以前から「百年前の日本の文字を百年後の未来に伝える」活動をされていたので、そちらの活動のエッセンスを引き継ぎながら、クラウドファンディングのプロダクト企画として具体化させていきました。(長寿乃里 小川さん)

文字を残すというコンセプトを貫くために必要な、“たくさんの文字が印刷できる”、“普段から使われている”、“長持ちする”、“文化的な活動と好相性”という条件を満たすアイテムとして、傘が選ばれたそうだ。

提供:長寿乃里/左.明治時代の教科書、右.明治教科書明朝文字見本

提供:長寿乃里/左.明治時代の教科書、右.明治教科書明朝文字見本

1本の傘に6355文字を配置

この傘には、現在の日本の小中学校で習う漢字(計2136文字)の約3倍の漢字が印刷されている。

分かりやすさを追求した現代の文字とは一線を画す素朴で力強い文字。現代の日本人には、むしろ新鮮に映る個性的な書体。ディープで難解な漢字が傘布に敷き詰められている。

日本で使われる文字コードの基本となるのが、JIS規格です。JIS規格の第1水準漢字、第2水準漢字を合わせて6355文字です。

よく知られているような漢字はほとんどが第1水準漢字に含まれ、第2水準漢字は普段使わないような字で構成されています。(長寿乃里 小川さん)

提供:長寿乃里

提供:長寿乃里

シンプルさにこだわって開発

デザイナーの大谷さんによると、文字を見やすく、傘布の八角形に配置するのは膨大で骨の折れる作業だったという。

開発にあたっては、シンプルさにこだわったそうだ。

できるだけ、文字にフォーカスできるように、雑音となる余計なデザインやカラーは一切排除しました。

シンプルでいて、和にも洋にも合う上品さを漂わせる傘にしました。(長寿乃里 小川さん)

提供:長寿乃里

提供:長寿乃里

傘布に印刷するという特性上、ある程度まとまった生産量が必要になることから、クラウドファンディングで商品生産への賛同を募ることにしたという。

通常の「ポキッと折れるんです(R)」は中国製だが、“日本のよいものを残す”という共通目的から実現したコラボのため、同クラウドファンディングでは日本で製造したMade in JAPANモデルをリターンとして届ける予定だ。

【晴耕雨読傘】
本体サイズ(H×W×D):900×108×20(ミリ)
重量:410グラム
傘の長さ:65センチ
クラウドファンディング実施:5月17日(金)まで

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング