シェア

宮崎に「焼き芋の自動販売機」が登場!ほくほく・ひんやりを用意、障害者の就労を支援へ

和光産業/Facebook

和光産業/Facebook

ホクホクの焼き芋やひんやり冷たい焼き芋を楽しめる「焼き芋の自動販売機」について、設置した宮崎県延岡市の不動産会社・和光産業に取材した。

不動産会社が焼き芋自販機を設置

和光産業は3月、本社前に焼き芋の自動販売機を設置し、「農福やきいも」という商品名の焼き芋の販売を始めた。

同社によると、焼き芋の自動販売機は九州初の試みだとか。高校生や女性に人気で、完売することも多々あるという。

和光産業/Facebook

和光産業/Facebook

和光産業/Facebook

和光産業/Facebook

障害者の就労支援のために発案

不動産会社である同社が、なぜ焼き芋の自動販売機を設置したのか?

代表取締役の児玉雄二氏に話を聞いた。

—–自販機を設置した経緯を教えてください。

障害者の就労支援のためです。

児玉代表取締役は5年前、亡くなった父親の50アールほどの畑を受け継いで、台風などの災害に強いタマネギやサツマイモ、ジャガイモの栽培を開始。

3年前には、障害者の就労支援施設を運営する「めだかファミリーグループ」に農作業の委託を始めたという。

障害者の自立に向けて収入増を模索する中で、焼き芋がコンビニや野菜直売所で売れ筋商品になっていることに着目し、人件費がかからない自販機で焼き芋を売るアイデアが浮かびました。

「農福やきいも」という商品名は、“農業と福祉。就労の場を広げたい”という思いを込めて名付けたという。

和光産業/Facebook

和光産業/Facebook

今後は宮崎県内5ヵ所に設置へ

—–設置にあたって、こだわった点は?

温かい焼き芋、冷たい焼き芋が選べます。

また、季節によりますが、およそ2~3種類の芋が選べます。

現在は、宮崎紅(210円)・紅はるか(250円)・シルクスイート(250円)の焼きいもを販売している。

和光産業/Facebook

和光産業/Facebook

—–自販機に込める思い・ビジョンを教えてください。

今後、県内5カ所に自販機を設置し、売上を伸ばすと共に障害者の雇用を増やしたいです。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング