シェア

子供ががんばって書いた手紙をスキャンしてLINEに届ける「ぶうびんポスト」商品化へ!

提供:はっきんぐぱぱさん

提供:はっきんぐぱぱさん

子どもが書いた手紙をLINEに届けてくれる「ぶうびんポスト」の商品化プロジェクトが始動した。

2019年夏にリリース予定だという。

手書きの手紙や絵をLINEに届ける

「ぶうびんポスト」は、書いた手紙を口に入れて鼻のボタンを押すと、手紙を食べて(スキャンして)LINEに届けてくれるブタさん型ポスト。

ものづくりに励むお父さんチームの「はっきんぐぱぱ」さんが、ある日帰りが遅くなって子どもが書いてくれた手紙を読みそびれて、子どもを悲しませてしまったことをきっかけに開発した。

いつでもどこにいても、子どもの手紙を受け取れるようにとの思いから生まれたポストだ。

「子どもも大人も嬉しい」と話題に

同ポストは今年1月、Twitterで紹介され一躍話題を呼んだ。

「素敵すぎる」「子どもも嬉しいけど、もらう大人も嬉しい」「アナログ→デジタルって手法が素晴らしい」「これから単身赴任になる夫と子どもとのコミュニケーションに良い」「アナログ派の世代にも使ってもらえるのでは?」「欲しい」など多くのコメントが寄せられた。

【関連記事】子供の手紙をスキャンしてLINEに画像を届ける“ぶうびんポスト”が素敵!開発したパパ「子どもを悲しませたくない」

提供:はっきんぐぱぱさん

提供:はっきんぐぱぱさん

提供:はっきんぐぱぱさん

提供:はっきんぐぱぱさん

スキャナーの会社から声がかかり、商品化へ

このたび、ポストのスキャナーに利用したScanSnap(スキャンスナップ)の開発会社から声が掛かり、商品化に向けて動き出すことに。

開発したはっきんぐぱぱさんは、次のようにコメントしている。

商品化プロジェクト始動、大変嬉しいです!

商品化に向けては難しい部分もあるのですが、皆様に使っていただくことを目指して頑張ります!

提供:はっきんぐぱぱさん

提供:はっきんぐぱぱさん

引き続き、はっきんぐぱぱのTwitterアカウント(@teamhackingpapa)やWebサイトで情報を発信していく予定だという。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング