シェア

仁徳天皇陵を含む「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産へ、古代日本列島の王たちの墓群とされる

Adobe Stock

Adobe Stock

大阪府堺市の「百舌鳥・古市古墳群」が、世界遺産に登録される見通しとなった。

「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産に登録へ

文化庁は5月14日、ユネスコ世界遺産センターから、日本が世界文化遺産へ推薦している「百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)」についての評価結果が通知されたと発表した。

ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関であるイコモスは同古墳群について、世界遺産一覧表への記載が適当だと勧告したという。

今年6月30日~7月10日に開催される世界遺産委員会にて、正式決定される見込みだ。

4世紀後半~5世紀後半の、49基の古墳群

百舌鳥・古市古墳群は、古墳時代の最盛期である4世紀後半から5世紀後半にかけて築造された古墳群。

当時の政治・文化の中心地のひとつで、大陸に向かう航路の発着点だった大阪湾に接する平野上に築造された。

堺市の百舌鳥エリアの23基の古墳と、羽曳野(はびきの)市・藤井寺市エリアの26基、計45件49基の古墳から成る。

出典元:「文化庁」ホームページ

出典元:「文化庁」ホームページ

仁徳天皇陵はじめ王たちの墓群か

墳丘の長さ486メートルの前方後円墳・仁徳天皇陵古墳から20メートル台の墳墓まで、多様な大きさと形状の古墳群により構成。

百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議のホームページによると、同古墳群の200メートルを超える巨大前方後円墳11基のうち7基はほとんど、突出した規模の大きさを持つことや、中小の古墳が衛星状に取り囲む「陪塚(ばいちょう)」が存在すること、荘厳な墳丘の演出がなされていること、古事記や日本書紀など古代の文献にみられる伝承が伝わっていることなどから、古代日本の王の墓と考えられているそうだ。

また、巨大前方後円墳の周辺には、王とつながりのある人物の墓と考えられている数多くの古墳が築造されており、同古墳群は100年以上にわたって形成され続けた、7世代にわたる倭の王と、王の親族、そして王の属臣たちの墓の集まりだということができるとしている。

出典元:文化庁ホームページ

出典元:文化庁ホームページ

古墳の墳丘は葬送儀礼の舞台として幾何学的にデザインされ、埴輪などで外観が飾り立てたてられたそう。

文化庁の資料には同資産について、土製建造物のたぐいまれな技術的到達点を表し、墳墓によって権力を象徴した日本列島の人々の歴史を物語る顕著な物証だと書かれている。

古墳時代の埋葬の伝統等を証明

文化庁の発表によると、イコモスは同古墳群の構成資産について、傑出した古墳時代の埋葬の伝統と社会政治的構造を証明しており、顕著な普遍的価値を証明していると評価したそうだ。

今後、6月30日~7月10日にアゼルバイジャンで開催される第43回世界遺産委員会において世界遺産への登録の可否が決定される。

日本ではこれまでに文化遺産18件、自然遺産4件が登録。2013年からは毎年、世界遺産が認定されており、同古墳群は登録されれば、日本で24件目の世界遺産となる。

発表はネット上でも話題に。

ネット上には「大阪にも世界遺産が誕生」「これまであんまり注目されてなかったのがおかしいくらいの存在」「世界遺産まであと少し」「地元が活性化されたら嬉しい」と喜ぶ声や、「観光資源として活かすには工夫が必要」「登録は嬉しいが、早急な環境整備を」といった指摘など、多くのコメントが寄せられている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング