シェア

これがチョークで黒板に描いた絵だと…!中高生「黒板アート甲子園」全入賞作が発表、黒板アートの概念を覆すアイデア作品も

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局

黒板・白板メーカーの日学(東京都品川区)は5月15日、全国の中高生を対象にした黒板アートの大会「日学・黒板アート甲子園(R)」2019の全入賞作品を発表した。

最優秀賞は会津学鳳高校の「おせち料理」

大会は、同社が長年取り扱ってきた黒板をキャンパスとする「黒板アート」を、単に学校内での鑑賞や各自のSNSで披露するのではなく、1人でも多くの人々の目に留まって心に響き共感してもらい、後世に残すことはできないかと考えて創設した大会。

黒板をキャンパスとし、画材は学校黒板用チョークのみで制作する。

通算5回目となる今大会には、メイン大会である高校部門に大会史上最高数となる145点の作品応募があったそうだ。

その中から最優秀賞に輝いたのは、福島県立会津学鳳高等学校の美術部5人による「おせち料理」。

黒板全体を重箱に見立て、一品一品が飛び出してきそうな迫力を出そうと努力して描いたという。

▼最優秀賞「おせち料理」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/福島県立会津学鳳高等学校・会津学鳳高校美術部(5人)

優秀賞は3作品

優秀賞に選ばれたのは、厳しい校則の中でもどうにかして可愛くなりたいという女子高生たちのがむしゃらな努力を表した、静岡県立富士宮東高等学校のzoo+(5人)による、「女嶽三六〇度オッ景?」など3作品。

埼玉県立大宮光陵高等学校のEmotion quartetto(4人)による「蛸の憤怒」は、悪口が書かれている黒板を見つけたタコが、怒って黒板を蹴破って飛び出してきているというユーモラスな世界観を表現した。

▼優秀賞「女嶽三六〇度オッ景?」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/静岡県立富士宮東高等学校/zoo+(5人)

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/静岡県立富士宮東高等学校・zoo+(5人)

▼優秀賞「蛸の憤怒」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/埼玉県立大宮光陵高等学校/Emotion quartetto(4人)

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/埼玉県立大宮光陵高等学校・Emotion quartetto(4人)

▼優秀賞「POW!! ~あなたの高校物語~」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/長野県長野西高等学校/長野西高校美術班(12人)

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/長野県長野西高等学校・長野西高校美術班(12人)

全国各地から力作

他にも、全国各地の優れた作品を表彰するエリア賞や、日学特別賞、審査員特別賞、入賞、ユーモア賞、日本白墨工業賞、ジュニアの部、特別企画の白板アート甲子園入賞作品など、いずれも力作揃い。

▼エリア賞(近畿ブロック)「未来華ひらく」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/金光八尾高等学校/MAH2(4人)

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/金光八尾高等学校・MAH2(4人)

▼日学特別賞「蛇」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/熊本県立大津高等学校/コメダーズ(9人)

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/熊本県立大津高等学校・コメダーズ(9人)

▼審査員特別賞(小野大輔氏選出)「金魚救」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校/びずゅつぶ(3人)

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校・びずゅつぶ(3人)

▼ジュニアの部 最優秀賞「SOUZOU」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/川崎市立金程中学校/美術部3年(4人)

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/川崎市立金程中学校・美術部3年(4人)

チョークの再利用をテーマにした作品も

アイデア賞を受賞した、エクセラン高等学校のmaeと.(2人)による「学舎の夜」は、学校にある使われなくなったチョークの再利用をテーマに、チョークを並べて制作した作品。

チョークで黒板に絵を描くという概念を覆す、新しい作品だ。

▼アイデア賞「学舎の夜」

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/エクセラン高等学校/maeと.(2人)

提供:日学・黒板アート甲子園広報事務局/エクセラン高等学校・maeと.(2人)

全入賞作品は「日学・黒板アート甲子園(R)」2019のホームページにて見ることができる。

同社は発表で、今後とも同大会を通じて、多くの人々に彩り豊かな様々な作品を見てもらい、若者たちが将来活躍できるフィー ルドを広げる場の提供、教育・文化の発展に貢献し続けていくとコメントしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング