シェア

泣きたくても泣けない時に―「目から涙を流すからくり人形」作者に思いを聞く

アトリエpuchuco/Twitter

アトリエpuchuco/Twitter

涙を流すからくり人形について、制作したアトリエpuchucoの福田英生さんに取材した。

「涙を流すからくり人形」が話題に

様々な生き物たちのアクセサリーや小さなからくり人形を制作している、アトリエpuchucoの福田英生(@puchuco709)さんが制作した、ちょっぴり悲しいからくり人形がネット上で話題となっている。

取っ手を回すと人形の目から涙があふれ、足元に水たまりが。

福田さんはTwitterで「泣きたくても泣けない時に回すからくり人形です」とコメントしている。

ネット上に「素敵な作品」「物悲しい。しかしアートだ」「この世界観、すごく好き」「泣けないこと多いから、代わりに泣いてほしい」「この子がいたら、一緒に泣けそう」「華奢な造形も、雰囲気も大好き」など多くのコメントが寄せられており、福田さんのツイートは3日足らずで再生回数は465万回を超え、いいね!は23万超を集めている。

悲しいけど、どこか暖かなものを表現

制作した福田さんに話を聞いた。

—–制作した経緯を教えてください。

この作品は以前からずっと作りたいと思っていました。

意図としては「悲しいけれどその中にどこか温かなものを表現できたら」と思い制作しました。

—–どのような人に、どのようなシーンで使ってほしいですか?

どのようなシーンでも、回したい人に回して頂けたら良いと思います。

アトリエpuchuco/Twitter

アトリエpuchuco/Twitter

小さな弁を使い水の流れを一方向に

—–制作にあたって、こだわった点・工夫した点は?

人形の佇まいはちょっと寂しげになるようにしました。

工夫した点は、水の流れを一方方向になる様に小さな弁を使ったことと、仕組みを木の枝の中に入れ込んだことでしょうか。

—–ネット上で大反響になっていることについて、感想をいただけますか?

沢山の人に作品を見て頂けることは、作り手として純粋に嬉しいです。

—–このからくり人形を販売する予定はありますか?

この作品(個体)は非売ですが、販売用にいずれ同じ物を作る予定ではいます。

アトリエpuchuco/Twitter

アトリエpuchuco/Twitter

動きだけでなく想いも乗せられれば

福田さんは他にも、飛び立つ赤い蝶々を目で追う「Butterfly」や、こぼれた心を見つめる「こころ」など、様々なからくり人形を制作している。

物語を感じてもらえることを心掛け、からくりの仕組みは見えないように制作しているという。

【記事】蛇をモチーフにした「ワインの注ぎ口」がカッコイイ!

—–福田さんが、からくり人形づくりに込める思いを教えてください。

からくりの動きだけではなく、そこに想いも乗せることができればと思っています。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング