シェア

「被災時の安否を伝えるアイコン」を漫画家が発案。スマホのバッテリーの温存に

後藤星さん/Twitter

後藤星さん/Twitter

被災した時に安否を伝えるSNS向けアイコンについて、制作者に話を聞いた。

無事を伝えるSNSアイコン

漫画家で小説の挿絵も手掛けている後藤星さん(@gotosey)は新潟・山形地震が発生した翌日の6月19日、Twitterに被災した時にLINEなどのSNSで使える「無事ですアイコン」を公開した。

アイコンには「ご心配ありがとうございます!私は無事です。バッテリー温存のためすぐに返信できなくてすみません」というメッセージ。文中の「無事」の色が黒・赤・ブルーグリーンの3種類あり、だれでも自由に使って良いという。

※改変・自作発言は禁止、著作権は後藤さんが所有。

返信しなくても、アイコンで安否を伝える

後藤さんによると、同アイコンはnutさん(@nut_nut555)が昨年9月に投稿したツイートを見て、それをヒントに作成したという。

nutさんは、2018年6月18日に起こった大阪北部地震の際にたくさん届いたLINEへの返信に時間がかかったことやスマホの電池が減った体験をもとに、返信等をしなくてもとりあえず安否を伝えることができるアイコンを作成。

それをTwitterで紹介したところ、5万5000超リツイートされるなど大きな話題となり、現在も注目を集めている。

今回の記事化にあたってnutさんにも話を聞いたところ、「この方法に必ずしも効果があるとは言い切れないこと、また、アイコンの更新をタイムリーに行えない事態に陥った際は誤報を発信してしまうリスクも内包している事をご理解頂いた上で、適切に使用して頂いたら嬉しい次第です」とのことだった。

伝わりやすさを工夫、万が一の時に役に立てたら

今回のアイコンを作成した後藤さんは現在、海外で暮らしており、日本で起こる地震や災害に何もできないことに「忸怩たる思い」を抱いていたという。

そんな時にnutさんのツイートを見て、「これならバリエーションのひとつとして私にも作れるかも」と思い、無事ですアイコンを作成したそうだ。

あらかじめ無事を伝えるアイコンを用意しておけば、被災した時に差し替えるだけで、スマホや携帯電話のバッテリーの減りを軽減することができる。

アイコン作成にあたっては、伝わりやすさ等を工夫したという。

SNSや使用機器によってアイコンが円になる場合を考慮して、あらかじめ円形にしようと思いました。

また、アイコンだとかなり縮小されるので、文字数を最小限に抑えて真意が伝わるよう文章を考えました。

色は、「無事」の部分にバリエーションを付けることで、小さくてもパッと目に入りやすいよう、黒以外にも2種類作ってみました。

青系は見づらいが、「無事」の意味合いに沿っているのではと思って追加したそうだ。

アイコンに描かれているひよこのようなマスコット(後藤さんの漫画のキャラクター)の表情にも理由があるという。

絵文字的な意味で「大丈夫ですよ」というアピールの後押しをしてくれるのではと思い、笑顔を描きました。

pagers. old vintage beeper. pager in hand

後藤星さん/Twitter

後藤さんはアイコンに込める思いを、こう話す。

使われる日が来ないことが一番ですが、万が一の時にお役に立てたらと思っております。

LINEではステータスメッセージを変える方法も

ちなみに、大手SNSのLINEでは、安否を素早く伝える手段のひとつとして、名前欄やステータスメッセージを変更する方法も紹介している。

アイコン変更とあわせて覚えておきたい方法だ。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング