シェア

夏の夜空を切り取ったような七夕菓子「天の川」が美しい!京都の老舗が製造、職人技で夜空の紺青を表現

七條甘春堂/Twitter

七條甘春堂/Twitter

七夕の世界を映した羊羹「天の川」について、製造する京菓匠七條甘春堂に取材した。

羊羹「天の川」を旧暦の七夕ごろまで販売

京都市東山区に本店を構える1865年創業の老舗菓子店・七條甘春堂は期間・数量限定で、七夕の世界を映した夏菓子「天の川」を販売している。

夜空を映した濃い青の琥珀羹に銀箔の星を散りばめ、揺らめく星屑をイメージした七夕の世界を描いた逸品。

琥珀羹の下は味甚羹、小倉羹の2層になっており、あっさりとした夏らしい味わいを楽しめる。

今年は6月1日から旧暦の七夕頃まで販売している(2019年は8月13日頃までを予定)。

七條甘春堂/Twitter

七條甘春堂/Twitter

七條甘春堂/Twitter

七條甘春堂/Twitter

宇宙を切り取ったかのような美しい羊羹に、ネット上には「芸術的」「青のグラデーションが本当に美しい」「これ食べ物なの!?」「羊羹がここまで美しくなるとは」「食べるのがもったいない」「ずっと眺めていたい」など、多くのコメントが寄せられている。

約20年前に発案、夜空の紺青を表現

この羊羹はどのように誕生したのか? 七條甘春堂の木ノ下晃帆取締役に話を聞いた。

—–どのような経緯で誕生したお菓子ですか?

20年ほど前に夏菓子を考案していた際、スタッフより「夏だから“七夕”に因んだがお菓子がれば…」という提案があり、試作を重ねて作り出した商品です。

提供:七條甘春堂

提供:七條甘春堂

—–商品づくりにあたって、こだわった点・工夫した点は?

夜空の紺青(深い青)を表現することが、この商品最大のポイントです。

—–宇宙の広がりを感じさせる青のグラデーションは、どのように実現させたのですか?

3層の錦玉羹による色のバランス、グラデーションが職人の技です。

提供:七條甘春堂

提供:七條甘春堂

ものづくりに対する「浪漫」から企画

七條甘春堂の家歴は、遠く方広寺の大仏造営の頃に豊臣秀吉が同家の庭前の古藤を鑑賞したと伝えられる旧家。

1865年の創業以来、代々、伝統の技術を暖簾に伝えながらも、各代得意なものにその生涯を傾け独特な趣を育ててきたという。

7代目である当代も伝統に培われた技術を継承しつつ、新しい感覚と技術を融合させ、真心の籠った菓子作りに日々精進。

京都・北白川にある珈琲焙煎所とコラボした「コーヒーゼリーの花ようかん」や、宝石の琥珀を思わせる透明感ある青い鳥と白いハート形の琥珀羹「ホワイトデー“KOHAKU”」など、新しい菓子を続々と創り出している。

提供:七條甘春堂

提供:七條甘春堂/コーヒーゼリーの花ようかん

提供:七條甘春堂

提供:七條甘春堂/菓子作り風景

—–貴店がお菓子作りに込める思いを教えてください。

堂主のものづくりに対する「浪漫」から全ての商品は企画し仕上げています。

四季の風物詩から心に閃いたものを大切に、どのようにお菓子作りに反映し、お客様に楽しんでいただけるかを考え精進しています。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング