シェア

ヤマハ本社にある「鍵盤デザインの横断歩道」がステキ!設置した理由を聞いた

提供:ヤマハ

提供:ヤマハ

静岡県浜松市にあるヤマハ本社に素敵なデザインの横断歩道があると、ネット上で話題になっている。

ヤマハ本社内に鍵盤デザインの横断歩道

ヤマハの本社敷地内には、楽器や音響機器など音楽関連事業を手がける同社ならではの「ピアノの鍵盤」をデザインした横断歩道がある。

提供:ヤマハ

提供:ヤマハ

この横断歩道について、ネット上には「すっごく素敵」「おしゃれ!」「センスありすぎ」「エモい」「歩くと音楽が流れてきそう」「猫ふんじゃったを弾きたくなりました」など多くのコメントが寄せられている。

2018年に設置、ヤマハらしさを表現

コーポレート・コミュニケーション部の担当者に話を聞いた。

—–この横断歩道は、どのような経緯で導入したのですか?

企業ミュージアム(イノベーションロード)を含む新棟を建設する際に、お客様に音楽の楽しさを感じていただける工夫の一つとして、2018年の施設オープンに合わせて設置しました。

—–導入にあたってこだわった点は?

21号館1階に開設した企業ミュージアム「イノベーションロード」は一般のお客様も入場できる施設となっております。

家族連れやお子様もいらっしゃるため、親しみやすいデザインで、ヤマハらしさを表現しました。

提供:ヤマハ

提供:ヤマハ

門の外からも見ることができる

—–本社内の横断歩道は、すべて鍵盤デザインなのですか?

いいえ。

—–鍵盤デザインの横断歩道は、本社訪問者や企業ミュージアム利用者だけが見ることができるのですか?

門を入ったすぐのところにありますので、門の外からも見ることは可能ですが、近づいて初めて気がつく方が多いと思います。

提供:ヤマハ

提供:ヤマハ

花壇の植え込みに「音符の柵」も

—–このデザインの横断歩道があるのは本社だけ?

横断歩道としては初ですが、掛川にあるピアノ工場見学者の駐車場内にも同じく鍵盤のデザインを採用しています。

提供:ヤマハ

提供:ヤマハ

—–他にも、ヤマハならではのデザインを採用した設備等はありますか?

ピアノ工場のハーモニープラザの外観や工場内の花壇の植え込みにも音符をデザインした柵(ピアノのフレーム工場で製作)があります。

1人でも多くのにファンになってもらえれば

話題になった横断歩道の設置のきっかけとなった「イノベーションロード」は、同社の1887年の創業以来の挑戦の歴史の足跡と、これからも未来に向かって歩み続ける同社の道のりをシンボライズしたミュージアム。

館内では圧倒的な種類を誇る楽器展示や、音の臨場感を体感できるスーパーサラウンドシアター、バーチャル映像と連動した楽器の自動演奏によるバーチャルステージなど、同社らしさが体現された様々な製品やサービスを無料で体験できる。

提供:ヤマハ

提供:ヤマハ

今回話題になった横断歩道や同ミュージアムなど、音楽とヤマハに親しみを持ってもらうための取り組みが素敵だ。

—–これらの取り組みに込める思いを教えてください。

楽器をやる方もやらない方も、ヤマハの挑戦の歴史や商品にふれていただくことで、ヤマハを身近に感じていただき、1人でも多くの方にヤマハファンになっていただければ嬉しいです。

【企業ミュージアム・イノベーションロード】
・住所:静岡県浜松市中区中沢町10番1号 ヤマハ株式会社本社事業所21号館内
・開館時間:9:30~17:00(要予約、受付は16:00まで)
・休館日:日・月・祝日(他、同社休業日、メンテナンス実施日等)
・入館:無料
・予約方法等の詳細は同社ホームページにて。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング