シェア

LINEが開発中の「AIによる電話応対」が自然でびっくり!

出典元:LINE報道資料

出典元:LINE報道資料

LINEは6月27日、同社が開発・保有するAI技術を外部企業等へ展開する「LINE BRAIN」事業を始動すると発表した。AIアシスタント「Clova」等でこれまで培ってきたAI技術を、外部企業等に向けて提供していく。

これに合わせ、電話でのAI自動応答の動画も公開した。

7月からAI技術の販売を順次開始へ

7月から、AIチャットボット技術「LINE BRAIN CHATBOT」、文字認識技術「LINE BRAIN OCR」、音声認識技術「LINE BRAIN SPEECH TO TEXT」を順次販売する。

「 LINE BRAIN CHATBOT」は、LINE公式アカウント等と連携して利用できる、自然言語を理解して応答する技術。顧客からの問い合わせ対応や、社内FAQ対応などでの活用が期待できる。

「LINE BRAIN OCR」は、画像内の文字や文章をテキストデータへ変換する技術。申込書・注文書・請求書などの登録や、領収書の日付・品目・金額などの読み取り、運転免許証等の身分証の登録などに活用が期待できる。

「LINE  BRAIN SPEECH TO TEXT」は、人の発話を文字に変換する技術。電話やVoIP経由での音声通話にも対応しており、コンタクトセンターにおけるオペレーターの支援や、動画メディアの字幕起こし、議事録の描き起こしなどへの活用が期待できる。

出典元:LINEリリース

出典元:LINE報道資料

「電話自動応答AI」を開発中

「LINE BRAIN」で保有する音声認識、チャットボット、音声合成の技術を組み合わせることにより、電話でのAI自動応答を可能にするための開発も進めていることを明らかにした。

AIサービスが、顧客のあらゆる発話を認識し、人間が対応しているかのような自然なコミュニケーションで、予約受付を含む複雑な問い合わせに対応する。

コンタクトセンターやレストランなどの電話予約への応用など、様々なシーンでの電話応対の自動化が期待できるという。

今後、これらのAI技術を通じて、企業の生産性やサービスの利便性を高めるだけでなく、サービス利用者の生活をより便利にしていくとしている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング