シェア

一歩間違えれば地獄絵図…クラゲの水槽を守る飼育員さんに苦労話を聞く

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

クラゲの水槽に隠された飼育員の努力について、静岡県浜松市の浜名湖体験学習施設ウォットに取材した。

「飼育員ががんばる水槽」と貼り紙

水族館などで見かけるクラゲの水槽。クラゲたちが水の中を悠々と漂う光景に、癒さる人も多いのではないだろうか。

一見優雅に見えるクラゲの水槽に、飼育員たちの並々ならぬ努力が隠されてたことが分かり、話題になっている。

浜名湖体験学習施設ウオットでは、クラゲの水槽の下に「飼育員ががんばる水槽」「地獄絵図」「きれいにできない水槽」という説明が掲示されている。

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

それによると、クラゲは水の中で生きているにも関わらず泳ぐのが苦手なのだそう。

ひたすら流されて生きているので、普通の水槽で飼育すると、沈んだり、空気の泡がカサの中に入ってグチャグチャになったり、フィルターに吸い込まれてしまったり悲惨な事態になってしまうという。

そんな地獄絵図水槽にならないように、飼育員が水の流れができるように水槽を作り直したり、エアレーション(ぶくぶく)を微調整したりと手間と時間をかけているそうだ。

ミズクラゲの水槽の壁が汚いのも飼育員がさぼっている訳ではなく、壁にくっついている白い小さな「ポリプ」というクラゲの赤ちゃんがスポンジで擦ると死んでしまうためだという。

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

この掲示を受けて、ネット上には「そんな努力が隠されていようとは!」「なるほど…介護に近い感覚なのか」「縁の下の力持ちですね」「一生懸命育ててくれている飼育員さんたちに感謝」「もっと声を大にしてもいいと思います」「…がんばれ」など、多くのコメントが寄せられている。

苦労と頑張りを知って欲しい、と掲示

飼育員の青木窓菜さんに、詳しい話を聞いた。

—–現在何種類・何匹ほどのクラゲを飼育しているのですか?

ミズクラゲ1種類を、30匹くらいです。

—–話題になっている掲示を公開した経緯・理由は?

1年ほど前にミズクラゲの水槽を修理した際、頑張って直したので、この苦労と頑張りをお客さんにも知って欲しいと思い作成いたしました。

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

特に大変なのは水替え

—–クラゲの飼育にあたって、特に大変な点は?

クラゲの水を換える時です。

ホースで水槽から水を抜くときにクラゲがホースに吸われる事があるので、気をつけなければいけません。

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

—–飼育にあたってこだわっている点は?

展示するミズクラゲは海で捕って来た個体だけではなく、できるだけ自分たちで繁殖させて大きくした個体も展示するようにしています。

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

提供:浜名湖体験学習施設ウォット

飼育員「大変だけど、とても楽しい」

—–今回ネット上で話題になったことについて、コメントをいただけますか?

まさかこんなに話題になるとは思っていなかったので驚いていますが、とても嬉しいです。

話題になったことに嬉しくも驚き、いつもは掃除しないようなところまで掃除したそうだ。

—–大変なクラゲの飼育に込める思いを教えてください。

飼育はとても大変ですが、手間をかけてお世話をすると綺麗に大きく育ってくれるので飼育していてとても楽しいです。

これからもキレイなクラゲをたくさん見てもらえるように頑張ります。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング