シェア

「海の生物の音」で作った楽曲が公開!水族館で集めた生命の響き│しものせき水族館

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

山口県下関市の水族館「市立しものせき水族館 海響館(かいきょうかん)」は7月19日、海の生き物たちの心拍や呼吸から発せられる音、生き物たちが発する声や音で構成・制作した楽曲「HEARTBEAT SEAPHONY」を公開した。

総勢50種の生き物の音を収録

同館で飼育する約50種類の生き物の発する音を収録。

アシカやイルカなど大きな生き物の力強い鼓動や、フグやカクレクマノミなど小さな生き物が発する音など、耳をすませても聞こえない響きを生き物ごとに音階に分け、楽曲として仕上げた。

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

海の生き物たちのこころが響く、生きていることを感じられる作品。躍動感あふれる生命のサウンドオーケストラだ。

水槽に張り付き約17時間かけて撮影

同作品は、2015年に公開した「Swimming JAZZ」に続く第2弾。大分県のPR動画「シンフロ」の楽曲を担当したサウンドデザイナーの清川進也さんが、前回に引き続き制作を手がけた。

生き物たちの極々微細な音を録るため、早朝から深夜まで約17時間、様々な水槽に張り付いて撮影。コントロールが難しい生き物ばかりなので、狙った響きを録ることに大苦戦したという。

根気と体力を要する撮影だったが、その甲斐があって、誰も聴いたことのない音の世界を表現した作品に仕上がった。

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

出典元:市立しものせき水族館 海響館プレスリリース

動画公開を記念して、同館は7月19日から9月30日まで、抽選で200名にオリジナルクオカードがあたるInstagramキャンペーンを実施している。

【Instagramキャンペーン】
・応募期間:2019年7月19日~9月30日
・応募方法:海響館のInstagram公式アカウントをフォローし、「HEARTBEAT SEAPHONY」の投稿に“いいね”を押す
・商品:オリジナルクオカード(500円分)200名

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング