シェア

JALが来春から客室乗務員にパンツスタイルとエプロンを導入。多様な働き方を実現へ

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

日本航空(JAL)は7月23日、2020年4月から着用を開始する新制服のデザインを発表した。同社の航空運輸事業に関わる全部門の制服が新たなデザインへと変わる。

客室乗務員の制服にパンツスタイルを導入

客室乗務員の新制服は、“Hybrid Modern Beauty”をテーマに、「洗練されたハイブリットビューティ」「ハイブリッドが生み出す、現代的な美しさ」を表現した。

クリエイティブディレクター江角泰俊氏がデザインを担当した。

異なる素材を組み合わせたハイブリッドというデザイン手法を用い、ロゴマークの「鶴丸」とブランドカラーで視認性の高い色を一部アイテムに活かしながら、独自性と洗練性を兼ね備え、かつ着心地が良くて高い動作性の実現を目指した。

ワンピースには、航空会社の制服では珍しいバルーンスリーブを採用。袖形状を業務に最適化したボリューム・動きに設計したという。

多様な働き方を実現するためにパンツスタイルも導入する。

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

スカーフは、曲線と直線を融合させたデザインで、JALの翼で交流を促進していくという意味合いを込めるとともに、テーマの“Hybrid”を視覚化するものを、グループの各航空会社別に設定。

新導入するエプロンと同じストライプをあしらっている。

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

地上接客部門の制服には、新たにワンピーススタイルを導入。構築的で現代的な美しいシルエットながらも、動きやすさを追求した。

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

運航乗務員の制服は、従来と同様のグループ伝統のデザインとしつつも、動きやすさを重視したパターンの変更などにより、機能性を向上。

新たに導入する女性用デザインは、ジャケットをすっきりとしたシングルボタンとし、従来のネクタイに代わってスカーフを導入する。

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

整備士のカバーオールとグランドハンドリングスタッフの作業衣はデサントジャパン社がデザイン。アウター類は共にモンベル社製という。

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

沖縄地区で夏季に着用するかりゆしウェアには、デイゴを始めとする5つの沖縄の花を鮮やかな色彩で配置。

新たに運航乗務員にもかりゆしウェアを導入し、統一感を演出する。

出典元:日本航空プレスリリース

出典元:日本航空プレスリリース

同社は、誇りを持って新制服を着用し、心を1つに、常に新鮮で感動してもらえる価値を創造し、愛される航空会社を目指すとしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング