シェア

青空の雲で遊んじゃおう!飛行機の移動時間を楽しくするアイデアに20万いいね!

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter

飛行機での移動時間に描いた雲への落書きについて、作者のしかさんに取材した。

雲への落書きに20万1000超いいね!

しか(@shikanabe)さんが7月24日にTwitterに投稿した、雲の形に合わせてキャラクターや動物を落書きした作品がネット上で話題になっている。

飛行機での移動時間が暇で思いついた遊びだそう。落書きした線や色の淡さが雲のふわふわ感と合わさり、柔らかく優しい作品となっている。

このツイートは29日正午までに、5万4000超リツイート、20万1000超いいね!を集めた。「この発想はなかった」「センスの塊」「スケールが違うね!こんな大きいキャンバスは見たことがない!!」「楽しい遊びをありがとうございます」「これやりたいが為に飛行機に乗りたい」といったコメントや、しかさんの発案を元に描いた雲への落書きなどが多数投稿されている。

ふと雲がキャラクターに見え制作

素敵なアイデアを思いついたしかさんに詳しい話を聞いた。

—–雲に落書きするというアイデアはどのように発案したのですか?

もともと旅行が好きで、よくヒコーキに乗りますし、窓の外を眺めるのが好きです。

今回もいつものように窓の外を眺めていたら、雲がふと、知っているキャラクターに見えたので写真を撮りました。

—–モチーフとなるキャラクターはすぐに思い浮かびましたか?

すぐに浮かんだキャラクターもありますし、そのキャラクターを描いているうちに「あっ、あのキャラクターにも見えるな」と思ったものもあります。

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter

雲の陰影や形を活かした

—–どうやって描いたのですか?使った道具や方法等を教えてください。

iPhoneで写真を撮り、もともと入れていた「変筆」というアプリでお絵描きしました。

—–落書きする際に、こだわった点や工夫した点は?

ペンの透明度が調整できるアプリなので、なるべく透明にして、雲の陰影を活かすようにしました。

雲の形も活かしたかったので、輪郭は描きすぎないようにしました。

絵を描くのが難しいという人は、簡単な顔を書くだけでも楽しいという。スマホアプリで描くときは、拡大して描くとやりやすいそうだ。

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter

大反響に「とにかく驚き」

—–ネット上で大反響になっていることについて感想をお願いします。

多少反響があってもすぐ止まるだろうと思っていたのですが……5万RTに18万いいね(7月26日時点)をいただけるとは、とにかく驚きです!

多くの方に楽しんでいただいただけでなく、「辛いことがあったけど癒されました」といった声もいただき、その方に届くくらい拡散されてよかったと思っています。

ひまつぶしが誰かの役に立つのは嬉しいですね。

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter

誰かに楽しさが伝わったら嬉しい

—–普段からイラストなどの創作活動を行っているのですか?

イラストは子どもの頃からよく描いていて、今でもたまに描きます。

自作のふわっとしたキャラクターも描いていたのが、今回のラクガキにつながったのかもしれません。

最近はカメラで撮ったヒコーキや旅先の写真を公開することが多いです。

あと、最近は料理やお菓子作りでレシピや見た目を工夫するのが好きで、これも創作欲が満たされます。

提供:しかさん/自作のキャラクター

提供:しかさん/自作のキャラクター

提供:しかさん/旅先で撮影した写真(クロアチアのロヴィニという街)

提供:しかさん/旅先で撮影した写真(クロアチアのロヴィニという街)

しかさん/Twitter

しかさん/Twitter(しかさんが作ったお菓子)

—–創作活動に込める思いを教えてください。

上記のように形式にこだわらず、自分が楽しいと思うことをやっています。

自己満足ではありますが、結果として誰かに楽しさが伝わったら嬉しいと思い、Twitterに載せています!

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング