シェア

契約書の「甲と乙」を「僕と君」に置き換えたら断然分かりやすくなった!発案した背景とは?

JOYとナタリー博士 by Indeed/Twitter

JOYとナタリー博士 by Indeed/Twitter

契約書に関するユニークなツイートについて、投稿した「Indeed Japan」に取材した。

契約書の「甲と乙」を「僕と君」に変換

求人検索エンジンIndeed Japanの認定アカウント「JOYとナタリー博士 by Indeed(@IndeedJapan_PR)」は7月下旬、契約書の「甲」と「乙」をそれぞれ「僕」と「君」に変換すると、なんとなく村上春樹さんを感じる文になったというツイートを投稿した。

一緒に投稿された契約書を読んでみると、「僕は君に対し、コンテンツ等の制作に関する業務を委託し、君はこれを受託する。」「前項に定める届け出は、君の遅滞責任を免ずるものではなく、また、僕が前項に定める指示を行わなかったとしても、君の遅滞を容認するものではない」など、なるほど確かになんとなく村上春樹さんっぽい。

同ツイートには「とても分かりやすい契約書」「甲と乙が違うだけで、こうも内容が頭に入りやすくなるとは」「すごい発想力」「天才ですね…笑いました!」「ノルウェイの森を思い出した」「契約書もうコレでいきたい」など多くのコメントが寄せられ、3万を超えるいいね!を得ている。

実際に契約書を作成している時に発案

このユニークな発想は、どのように生まれたのか?

「JOYとナタリー博士 by Indeed」運営チームに詳しい話を聞いた。

—–どのような経緯で、このことに気づいたのですか?

@IndeedJapan_PRのクリエイターチーム(中の人)が契約書を作成していた際、同僚間で「甲と乙ってどっちがどっちだっけ?」と何度も確認し合ったことがありました。

「いっそのこと、僕と君だったらと分かりやすいのに」と思いつき、ワードで一斉置換してみたのがきっかけです。

置換した契約書を改めて見てみると「この独特な文体、誰かの文章に似ていない?」という話になり、村上春樹さんの文体に似ていると気づきました。

—–この契約書を実際に提出したのですか?

いえ、実際に使用してはおりません。

JOYとナタリー博士 by Indeed/Twitter

JOYとナタリー博士 by Indeed/Twitter

—–ツイートがネット上で大反響になっていることについて、コメントをいただけますか?

予想外に大きな反響をいただき、驚いています。

しかし、今回の投稿を通じて、少しでも日々のお仕事を楽しく感じてくれる人が増えたのであれば嬉しく思います。

チンパンジーが情報発信、1いいねで1バナナ

今回話題になったツイートを投稿したアカウント「JOYとナタリー博士 by Indeed(@IndeedJapan_PR)は、かしこいチンパンジーのJOY君とナタリー博士が「はたらく」をテーマに、少し面白おかしい情報を日々発信するという設定のIndeed Japanの認定アカウント。

JOY君は、いつか人間社会で働けるように人間社会の仕事についてたくさん勉強している、かしこいチンパンジー。ナタリー博士のことが大好きで、彼女のマンションで一緒に暮らしているという。

ナタリー博士は、ジャングルで親とはぐれたチンパンジーの子どもを保護し、彼をJOYと名付け、人間社会で幸せに暮らしていけるようバックアップしているそう。JOYの研究結果(ツイート)に集まったいいねの数だけJOYにエクアドル産の高級バナナを支給しているそうだ。

JOYとナタリー博士 by Indeed/Twitter

JOYとナタリー博士 by Indeed/Twitter

「働く」を楽しくポジティブに

—–どのような狙いで開設したアカウントですか?

2019年5月7日から、Indeed Japanでは Twitterのアカウントコンセプトをリニューアルしまして、認定アカウント(@IndeedJapan_PR)の運営を開始しました。

認定アカウント(@IndeedJapan_PR)は、Indeedの公式情報を発信する公式アカウント(@IndeedJapan)とは明確に発信内容を変え、より「働く」を楽しくポジティブに捉えて頂けるようなコンテンツを発信することを狙いとしています。多くの方に楽しんでもらえるアカウントを目指しています。

—–なぜ、チンパンジーのJOY君が情報発信を行っているのですか?

「”働く”を楽しく」捉えられるようなコンテンツを人間が語ると、捉えようによっては「ふざけている」「バカバカしい」と思われてしまう可能性も考えられます。

賢いチンパンジーのJOYくんのフィルターを通すことによって、純粋な疑問であったり、いわゆる“常識”とされていることからは多少ズレた発想であったりしても、好意的に捉えていただけるのではないかと考え、JOYくんに情報発信を行ってもらっています。

提供:Indeed Japan

提供:Indeed Japan

日々の仕事の中でほんの少し役立つ情報を

同アカウントは他にも、JOY君が調べた人間社会の「上座・下座」に関するツイートや、入浴剤・バブが何分くらいで溶けきるかの調査など、ユニークなツイートを続々と発信。

「上座・下座」に関するツイートでは、会議室やエレベーターから箱型アイスやジェットコースターまで、チンパンジーのJOY君ならではの着眼点で上座を紹介している。

提供:Indeed Japan

提供:Indeed Japan

提供:Indeed Japan

提供:Indeed Japan

—–ツイートする内容について、こだわっている点と大切にしている点は?

Indeedは、「We help people get jobs」をミッションに掲げ、「Job seeker first (全ては求職者のために)」を理念としています。

そんな中で、「働くこと」を少しでもポジティブに楽しく捉える人が増えて欲しいと考え、楽しさ・ポジティブさを大切に、情報発信をしています。

職場で「こんなことが起こったらクスッとできるだろうな」というささやかな笑いや、日々の仕事の中でほんの少し役立つ情報を届けられたら、という想いで情報発信しております。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング