シェア

静岡で「茶氷」プロジェクトが開催中!全30店舗のオリジナルかき氷で涼もう

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

公益財団法人するが企画観光局(静岡市葵区)は7月1日から9月30日まで、お茶処・静岡を夏のトレンドフード・かき氷でブランディングする「茶氷」プロジェクトを行っている。

5市2町(静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町)の全30店舗で、お茶を使った個性的な「茶氷」メニューを提供。

これまで以上に多くの人に食べてほしい、もっと盛り上げていきたいとの思いから、8月17日、18日に駿府城公園で初の「茶氷フェス」も開催する。

静岡茶の魅力をかき氷で発信

日本3大銘茶といわれる同県のお茶を、夏のトレンドスイーツのかき氷にすることで夏の名物として認知を広げ、夏の静岡の魅力を発信するプロジェクト。2018年に始動し、昨年は3カ月で3万杯以上を売り上げたという。

静岡独自の製法やそれぞれの産地のお茶の特徴を生かすだけでなく、主に女性客の心をつかむアドバイスを行い、各店舗ごとに個性を出すことで、全体として多彩なメニューを展開する。

さまざまな方向から読み取れるアンビグラムののぼりが目印だ。

出典元:公益財団法人するが企画観光プレスリリース

出典元:公益財団法人するが企画観光プレスリリース

30店舗のそれぞれの個性的なかき氷

2年目を迎える2019年は、協力店舗を大幅に拡大した。昨年の人気店に加え、18店を新たに発掘し、全30店舗が個性的な「茶氷」メニューを提供。総販売数10万食を目指している。

【ななや 藤枝店(藤枝市)/本格派の濃い抹茶氷・本格派の濃いほうじ茶氷】

抹茶氷は石臼挽きの高級なお点前用の抹茶をふんだんに使用し色も香りも豊か。ほうじ茶氷は2度火入れした、濃いほうじ茶をふんだんに使用。全体に味がしっかり行き届くよう、シャーベットスタイルで提供。

価格:1種カップ370円、2種カップ470円(税込)

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

【藤枝市陶芸センター(藤枝市)/まきば(牧場)】

手揉み永世名人・住田恵朗さんのお茶を贅沢にもパウダーにし、抹茶シロップと一緒に楽しむ贅沢茶氷。

価格:500円(税込)

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

【MARUZEN Tea Roastery(静岡市)/お茶屋が作ったお茶のシロップ3種とかき氷】

マルゼンティーロースタリーの特徴、焙煎度別のかき氷用シロップを選び、お好みのミニジェラート1種をトッピング。0度〜200度、抹茶、玉露、玄米茶まで焙煎温度別でシロップを用意。

価格:シロップ1種700円、3種900円(税込、別売オプション有)

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

【茶町KINZABURO(静岡市)/濃厚抹茶と静岡いちごのかき氷】

静岡産抹茶をふんだんに使用して、濃厚な味わいを演出。更に、静岡産のいちごで作ったジャムをトッピング。また、星砂糖などのトッピングで夏の夜空を演出した。

価格:1000円(税別)

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

【T’s green(静岡市)/令夏絢爛(れいかけんらん)】

抹茶シロップにキウイの寒天、抹茶入り玄米茶シロップにいちごの寒天、和紅茶シロップにはちみつレモン寒天をそれぞれトッピング。揚げ団子5種とかりんとう饅頭を添えて。

価格:1050円(税込、お茶飲み放題付)

出典元:公益財団法人するが企画観光局

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

浜佐商店(静岡市)/氷煎茶・氷ほうじ茶】

「夏は氷でお茶を楽しむ」をテーマに、お茶屋だからこそ出来る、煎茶とほうじ茶の素材をふんだんに使ったかき氷。

価格:各390円(税込)

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

【森木農園(牧之原市)/深蒸し茶×マスカルポーネ】

ふわふわの氷に同園自慢の濃~い深蒸し茶を使用した甘さ控えめのソース、エスプーマで作るマスカルポーネのクリーム、北海道産のあずきをトッピング。

価格:700円(税込)

出典元:

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

【SANOWA 丸玉園登呂田店(焼津市)/ラテアイスツリー】

抹茶ラテ、ほうじ茶ラテ、ストロベリーラテのかき氷をツリーにした、3種のラテのかき氷を一度に楽しめる商品。

価格:940円(税込)

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

【朝日園 茶房遊(島田市)/涼風(すずかぜ)】

日本のデザートの良さを改めて思い出してもらえるように、カラフルなオリジナル団子を添えた。オリジナルクリームの中は、川根産の有機抹茶と黒蜜と小豆が入っており、クリームと混ぜ合わせて食べる新感覚のスイーツ。

価格:780円(税込)

出典元:

出典元:出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

【CHA10(静岡市)/濃厚 抹茶氷】

濃厚な有機抹茶ソースに、白玉と甜菜糖で煮た小豆を添えて。豆乳コンデンスミルクを使った、ヘルシーなビーガン茶氷。

価格:Rサイズ600円、Lサイズ1200円(税別)

出典元:出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

出典元:出典元:公益財団法人するが企画観光局プレスリリース

休日には30分~1時間待ちの行列ができる店舗が増えているとか。愛知や東京から茶氷を目当てに訪れる人や、茶氷巡りをする人もいるそうだ。

【「茶氷」プロジェクト】
・期間:2019年7月1日~9月30日実施予定(※店舗により異なる)
・エリア:静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町(※一部東京都でも販売)
・店舗数:30店舗(※一部、8月開催予定イベントのみの参加店舗含む)
・内容:エリア各所で、お茶を使ったかき氷メニューを提供

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング