シェア

持ち歩く「マイストロー」がお洒落!ステンレス製、洗浄用ブラシとケースがセットに

提出:#ihavemystraw

提出:#ihavemystraw

捨てずに持ち運べるエコストロー「#ihavemystraw」について、デザイナーのAco Ishibashiさんに取材した。

3点セット、売上の一部は寄付

海洋プラスチックごみ問題が世界的に注目されている中、プラスチックごみを減らすための様々な取り組みが行われている。

「#ihavemystraw」は、「ファッションアイテムとしてマイストローを持ち歩く」新しいライフスタイルを推奨し、近年世界規模で深刻となっているプラスチックゴミ問題に取り組む、エコストローのブランド。

ステンレス製ストローと様々なデザインの携帯用防水ケース、洗浄用ブラシの3点セットを販売。売り上げの一部を海洋・環境保護団体に寄付している。

提出:#ihavemystraw

提出:#ihavemystraw

提出:#ihavemystraw

提出:#ihavemystraw

ストローが刺さったウミガメの動画がきっかけ

#ihavemystrawデザイナーのAco Ishibashiさんに話を聞いた。

—–「#ihavemystraw」は、どのような経緯で発足したのでしょうか?

ある時SNS上で、ウミガメの鼻にプラスチックストローが刺さり、痛そうに涙を流している動画を観ました。

それをきっかけに、様々な情報を集めている中で、調べれば調べるほどに見えてくる、人間が自然に与える身勝手な行動と、その残酷さ、当時の私を含め日本人の環境への意識の低さにショックを受けました。

デザイナーである私にも、何かできることはないか…と思い、友人であり全国で街のゴミ拾い活動を行っている団体の福田氏に相談し、この商品の企画に至りました。

提出:#ihavemystraw

提出:#ihavemystraw

持ち歩いてテンションが上がるよう工夫

—–ストローセットの開発でこだわった点は?

ストローも、エコバッグやタンブラーのように、エコグッズの1つとして、私たちの生活に身近な物にしていきたい。

なおかつ、お気に入りのファッションアイテムとして、持ち歩いてテンションが上がるような物に…という想いで、本体のカラーやケースのデザイン、素材にもこだわりました。

ケースは防水加工が施されていて、使用している生地自体も、環境問題に厳格なルールにのっとった工場にて製造しております。

—–販売しているストローセットは何種類あり、どこで購入できますか?

定番の植物柄が4色。

細いストローとスムージーやタピオカドリンク用の太いストローがそれぞれ選べます。

現在、数量限定で2柄、今後も定期的に新しい柄を発売していく予定です。
オンラインストアにて購入が可能です。

提出:#ihavemystraw

提出:#ihavemystraw

エコグッズ本来の価値・意義を再提案へ

—–同ストローの利用状況や活動の広がり状況を教えてください。

ブランド名であるハッシュタグ「#ihavemystraw」を使って、instagramやfacebookなどSNSに写真を投稿してくださっていたり、賛同のメッセージやお問い合わせを頂いたりと、少しずつですが、どんどん広がっていっているという実感があります。大変感謝しております!

また、全国で開催されているエコイベントや、飲食店、キャラクターとのコラボレーション商品を展開しました。

提出:#ihavemystraw

提出:#ihavemystraw

—–エコストロー「#ihavemystraw」に込める思い・ビジョンを教えてください。

今後もジャンルにとらわれず広い視野をもって、積極的にコラボレーションをしていきたいと思っています。

話題のタピオカブームの裏にあるゴミ問題などに、リアルタイムで対策をし、ストローだけではなく、新たな「#ihavemy○○」を展開して、エコグッズ本来の価値や意義を再提案していきたいと思います。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング